第114代 中御門天皇(なかみかど)地図

東山天皇(第五皇子)
新崇賢門院藤原賀子(櫛笥隆賀の娘)
誕生 …1701年(元禄14年)12.17
御名・異称 慶仁(ヤスヒト)・長宮(マスノミヤ)
女御 近衛尚子(贈皇太后)
立太子 …1708年(宝永5年)2.16
即位 …1709年(宝永6年)6.21
在位年数 26年
崩御 …1737年(元文2年)4.11(年齢37才)
皇居 平安宮
年号 宝永、正徳、享保
天皇の治世は、江戸幕府にあっては6代将軍家宣から8代将軍吉宗の時代にあたっており、朝幕関係は極めて良好であり、閑院宮の創設などはその反映である。
伝統を重んじ、朝廷の様々な儀式の復旧に関心をもって「公事部類」などを著した。
陵墓名 月輪陵   九重塔
所在地 京都市東山区泉涌寺内
御陵は25陵5墓9基の兆域内の東隅で、霊元天皇陵の南東の位置にある。
九重石塔で、西面し、高さ5.45m、基壇は方6.67mの規模で、石柵をめぐらせている。
女御尚子(贈皇太后)陵は、同域内にあり、高さ1.7mの無方石塔である。