第55代 文徳天皇(もんとく)地図









(にん)(みょう)天皇(第一皇子)
藤原順子(じゅんし)(藤原冬嗣(ふゆつぐ)の娘)
誕生 …827年(天長4年)
御名・異称 道康・田邑(たむら)
女御 藤原明子(めいし)(太皇太后)
立太子 …842年(承和9年)8.
即位 …850年(()(しょう)3年)3.21
在位年数 …8年
崩御 …858年(天安2年)8.27(年齢32才)
皇居 平安宮
年号 ()(しょう)(にん)寿(じゅ)(さい)(こう)(てん)(あん)
「文徳実録」には、文徳天皇を評して、帝王の位につかれてからは、心は政治にあり、生まれつき、真相を見抜く力があり、もっぱら天下の平和を思い、巡幸遊覧などは好まれなかった、と載っている。病弱のため、藤原(よし)(ふさ)が政治の補佐にあたった。
文徳朝で注目されるのは、皇太子選定の問題である。文徳天皇には、すでに第一皇子である(これ)(たか)親王をはじめ三人の皇子があったが、即位後まもなく第四皇子として惟仁親王が誕生した。天皇は惟喬親王の立太子を望んでいたが、結果は惟仁親王が皇太子になった。これは惟喬親王の母は紀名虎の娘静子(せいし)であったのに対し、惟仁親王の母は藤原良房の娘明子であったためである。
853年(仁寿3年)の天然痘の流行により社会不安をきたしている中で、855年(斉衡2年)5月23日、東大寺の大仏の頭部が落ち、朝廷に衝撃を与えた。勅使を聖武天皇山陵と宇佐八幡宮に遣わし、藤原良助と高岳親王を奉行に命じ、修造に着手した。
陵墓 田邑(たむらの)(みささぎ)  円墳
所在地 京都市右京区(うず)(まさ)三尾(さんび)
御陵は直径約35m、高さ約7mの規模の南面する円墳である。
「延喜諸陵式」には、陵戸三烟、遠陵に班している。陵の四至は、東を勝隆寺の東の谷、南は御在所から南へ約63m、西は源氏墓の北で、北は白河を限って四至としている。