第71代 後三條天皇(ごさんじょう)地図

後朱雀天皇(第二皇子)
禎子(ていし)内親王(三天皇の皇女)
誕生 …1034年(長元7年)7.18
御名・異称 尊仁(タカヒト)・金剛行・延久帝
中宮 (けい)()内親王
女御 藤原()()(贈皇太后)藤原(しょ)(うし)、源()()
立太子 …1045年((かん)(とく)2年)1.16
即位 …1068年(治暦4年)4.19
在位年数 3年
崩御 …1073年(延久5年)5.7 (年齢40才)
皇居 平安宮
年号 治暦(じりゃく)延久(えんきゅう)
藤原氏を外戚とせず、政治が出来た天皇は、宇多天皇以来170年余ぶりである。藤原氏出身の天皇であり、母は他氏出身であった。
熱心に学問に打ち込み、高邁な思想の持ち主で、周囲からも尊敬されており、自ら政治向きのことに手を染めようとした。
関白が頼通から教通へと移行したのを機に自ら親政を行う姿勢を鮮明にした。
公定枡を制定して度量衡を改定するといった画期的な政策を推進する一方、大江匡房や源師房を重用するなど人材登用に努めた。
記録荘園券契所(記録所)の設置により、延久の荘園整理令に基づき、荘園の所有権をめぐる公験を直接朝廷の審査にかけることにした。
陵墓名 (えん)(そう)(じの)(みささぎ)    円墳
所在地 京都市右京区竜安寺朱山竜安寺内
御骨は禅林寺に奉安され、後、円宗寺に移された。
円宗寺は仁和寺の一院で、後三条天皇の勅願寺である。御陵は後朱雀・後冷泉両天皇の隣に並列している。