第76代 近衛天皇(このえ)地図

鳥羽天皇(第九皇子) 

()福門院(ふくもんいん)藤原得子(とくし)(藤原長実の娘)          

誕生 …1139年(保延5年)5.18 

御名・異称 体仁(ナリヒト)

皇后 藤原()()  中宮 藤原(てい)()  

立太子 …1139年(保延5年)8.17     

即位 …1141年(永治元年)12.7              

在位年数 …15年

崩御 …1155年(久寿2年)7.23(年齢17才)

皇居 平安宮    

年号 (えい)()(こう)()(てん)(よう)久安(きゅうあん)仁平(にんへい)(きゅう)寿(じゅ)

父鳥羽法皇が院政を行い、近衛天皇は在位中政務を行わず、又、摂政の藤原忠通は名ばかりであった。

この時代、興福寺、園城寺、延暦寺などの僧徒の争いが激しかった。又、藤原頼長の養女多子が入内、続いて藤原忠通の養女呈子が入内、まもなく中宮となって互いに競合するようになったことから、兄弟間の亀裂は深まった。

陵墓名 (あん)(らく)寿(じゅ)(いんの)(みなみの)(みささぎ)   木造多宝塔  火葬塚 京都市北区紫野花坊町  方形 

所在地 京都市伏見区竹田内畑町

船岡の西で火葬に付され、知足院に奉安された。火葬後に墳丘を築き、植栽して空堀をめぐらした御陵となった。

1157年(保元2年)に建立された二層の多宝塔は、美福門院廟塔のつもりであったが、高野山に納骨したため空塔となっていた。近衛天皇の早世によって、近衛天皇の塔所となった。現塔は1606年(慶長11年)に豊臣秀頼により再建されたものである。