第94代 後二條天皇(ごにじょう)地図

後宇多天皇(第一皇子)
西華門院(さいかもんいん)基子(きし)(左大臣源(とも)(もり)の娘) 
誕生 …1285年(弘安8年)2.
御名・異称 邦治(クニハル)
中宮 徳大寺(きん)()
立太子 …1298年(永仁6年)8.10
即位 …1301年(正安3年)1.21
在位年数 …8年
崩御 …1308年(徳治3年)8.25 (年齢24才
皇居 平安宮
年号 正安(しょうあん)乾元(かんげん)嘉元(かげん)(とく)()
即位後、持明院統と大覚寺統の抗争が後伏見天皇朝より激化し、両統迭立時代となる。
大覚寺統が分裂したが、特に両統とも初め子供がなく、特に後二条天皇は、3才年下であった持明院統の後伏見天皇から譲位され、皇太子を両統のどちらから選ぶかという嫡流問題があり、幕府に働きかけ、皇位継承の調停を依頼した。
幕府は両統から交互に皇太子を立て、譲位の時期は天皇の判断によることにしたので、皇太子は持明院統から選ぶことになった。
陵墓名 (きた)(しら)(かわの)(みささぎ)    円墳
所在地 京都市左京区北白川追分町
二条高倉殿において崩御、後二条院と追号され北白川殿に奉葬された。
当初は北白川殿陵と称されたが、のち改めて北白河陵と称された
陵は俗称泓塚(フケヅカ)といい、円墳で南面し、高さは約2.5mで径約24mの規模の盛土の陵である。
周囲に空隍(クウコウ)をめぐらし、西南には東面する円墳の皇子邦良親王墓があり、東塚と称されている。
後二条天皇は火葬であったが、先の歴代天皇のように廟所を設けて納骨するのではなく、火葬した場所に墳丘を営んだ御陵である。 分骨所は上嵯峨の蓮華峯寺陵内にある。