葛木御縣坐神社地図
柿本神社 地図
慶雲寺 地図
博西神社 地図
極楽寺 地図
地光寺跡 地図
脇田神社 地図
角刺神社 地図

 山の辺の道 散策ガイド 飛鳥 散策ガイド 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
葛木御縣坐神社

 
祭神豊宇気比売神(とようけひめ)
   あるいは天津日高日子番能瓊瓊杵尊
   (あまつひこひこににぎのみこと)
六御縣神社(むつのみあがた)の一つ。
大和では、高市、十市、志貴、山辺、曾布(添)の六縣が、
皇室の菜園に指定されていた。
 大和の南西、大坂との境界を限って、
金剛葛城連麗が南北にのび、山なみの北に二上山
の双頭がある。
 昔はこの山なみ全体を葛城山と総称し、
大和高田市域まで含む広い地域を葛城ノ国と呼んだ。
後の葛城県(あがた)で、天皇家が大切にした直轄領、
大和六御県である。
 古代豪族・葛城氏のふるさととして栄えた里であり、
鴨氏発祥の地でもあった。 
葛城氏
 氏姓の葛城は、かつらぎではなく、かずらぎが正しいとされる。
 山名、地名は現在かつらぎと読みならわしている。
 飛鳥時代に皇室をしのぐほどの勢力を持った大和豪族・蘇我馬子
は、葛城県を賜るよう推古天皇に請願したが拒否された。
 武内宿祢を祖とするという蘇我氏は、葛城を祖先の地として浴した
ようのも見えるが、難波の津に直結する大路、竹内街道の咽喉部に
葛城があったというのが重要。
葛城氏⇒⇒⇒
 葛城氏は雄略帝によってほろぼされた。
 帝はみずから軍隊をひきいて葛城円(つぶら)の屋敷をとりかこんだ。
円は哀願し、
 「なにとぞ命をたすけてください。たすけてくだされば娘の韓媛を奉りましょう」
 韓媛とあるから、朝鮮からきた女にうませた娘なのであろう。さらに円は、
「葛城の宅七区(いえななところ)を献上しましょう」
 と、いった。七ヶ村をさしあげる、という意味だが雄略帝は容赦せず屋敷に火を
かけ、円を焼きころしてしまった。もっとも韓媛は生かした。彼女はのちに雄略帝
のために皇子を生む。清寧帝である。だから円は殺され損であり、このとき葛城
もろとも雄略帝のものになってしまったにちがいない。大和盆地の勢力が葛城山
を圧倒し、古代葛城王朝の末裔はここに絶えたとみていい。
 
街道をゆく 葛城の高丘 司馬遼太郎
 鴨族は葛城(一帯に住んでいた種族で、葛城氏と印象が二重うつしになっている。
葛城王朝の頃は葛城氏が政治をつかさどり、鴨族が祭祀をつかさどるという図式
で考えていいのか、それともごく単純に鴨族のなかの王族が葛城氏であると考えて
いいのか、そのあたりはよくわからない。
 政治的には葛城氏は、5世紀末にほろぶ。しかし鴨族は政治的存在ではなさそう
だからクッキリとはほろびず、ただ葛城の故郷にあってはしだいに衰弱してゆく。
それらは「鴨の神々」をかついで諸国に散る。
 街道をゆく 一言主神社 司馬遼太郎



柿本神社
   
   

 「柿本」という氏の名は、「新撰姓氏録」大和国皇別に「柿本朝臣 大春日朝臣同

祖。天足彦国押人命之後也。敏達天皇御世。依家門有柿樹。為柿本臣氏」と記さ

れています。柿本氏の本拠地は新庄町の他、天理市櫟本町の「柿本神社」、橿原

市地黄町の「人麿神社」などが候補地としてあげられています。

 新庄町の柿本神社の周辺地域は、持統文武朝(687〜707)ころの宮廷歌

人で、『万葉集』最高の歌人と称された柿本人麻呂持統天皇から領地をたま

わって居住したところという言い伝えがあり、神社の社伝には石見国(現、島

根県)で死去した人麻呂を宝亀元年(770)この地に改葬し、その傍らに神社

を建立したと伝えています。拝殿の南側の「柿本大夫人麻呂之墓」と刻まれた

石碑は、天和元年(1681)大和郡山藩主松平信之が建てたものです。

 神社の境内にある影現寺(ようけんじ)は、弘法大師空海の高弟である紀僧正真済
が天安2年(858) に創建したと伝え、神社の神宮寺となっています。現在の本堂は

十七世紀後半に建立された標準的な三間堂の建物です。紀僧正の作と伝えられ

ている人麻呂像は木造で、はめ込み式の首は、夜中に月の出る方角に向くと

いう言い伝えがあります。



慶雲寺

 布施氏の菩提寺となっている臨済宗南禅寺派の寺。

 古くは真言宗に属し、二塚城の近くにありましたが、城主

布施掃部頭行種が禅宗に改宗し、永正13年(1516)3月、
現在地に移して香花寺と号しました。寛永年間(1624〜44)、
江戸から梅渓和尚を迎えて初住とし、慶雲寺と号しました。
本堂の大悲閣はやや大き目の三間堂で、正徳年間(1711
〜16) に建てられたものです。
 境内に布施行種らの慕があります。

 
   


博西神社
  博西神社は、陵西とも書かれたことがありますが、その創立や由緒について

は明らかではありません。松、杉、槍のうっそうと茂る森の中に鎮座。社殿

は二社あり、最初は第一殿だけでしたが、その後大永二年(1522)に第二

殿が建立されたと伝えられています。

 両殿とも一間社春日造で規模形式とも全く等しく南北に並立して両社殿を、

障塀でつなぎ連結式としています。本殿は身舎側面一間で、土台建の円柱
に舟肘木を組み、軒は二軒繁垂木、妻を叉首組(さすぐみ)としています。

庇は出三斗、中備蟇股(第一殿藤、第二殿牡丹の透彫)、一軒繁垂木で

身舎と繋虹梁で結んでいます。正面は幣軸付板扉、脇障子を側面の前寄りに

立て、切目緑を回しています。現在、屋根は元来の槍皮葺を銅板葺に改めて
います。この本殿は保存がよく、二殿が障塀で結ばれて並立した類例の少な
い形式をもっており、昭和33年、国の重要文化財に指定されました。祭神は、
北殿が下照姫命、南殿が菅原道真。元来祭神は天羽雷命一座であったの
ですが、大永年間(1521〜28)、布施安芸守行国が菅公(菅原道真)を勧請して
二座としました。

   
 
   
     


極楽寺

 寺伝では行基の開基としており、本堂

の前には行基菩薩千年忌,千百年忌な

どの記念碑が建っています。南北朝の

争乱で焼失しましたが、応永年間(13

94〜1428)に再建され、元禄年間

(1688〜1704)再び焼失しまし

た。現在の本堂は棟札から宝暦8年(1

758) に建てられたものです。  

   


地光寺跡
 忍海郡(おしみ)でただ一つ古代寺院跡である 地光寺は、
鬼面文軒丸瓦(きめんもんのきまるがわら)と葡萄唐草文

軒平瓦(ぶどうからくさもんのきひらがわら)

が発見されたことで早くから知られています。脇田神社付
近の東遺跡と笛吹字地光寺の西遺跡があります。

 東遺跡では東西両塔の心礎と考えられる2個の礎石があり、
西遺跡では塔跡と思われる一辺11.2mの地覆石(じふくいし)
が検出されています。鉄滓(てっさい)やふいごの羽口(はぐち)
などが出土していることから、鉄生産にかかわった渡来系氏族
の忍海氏の氏寺と考えられています。

地光寺跡の伽藍と条里

 地光寺跡は、薬師寺式伽藍配置をもつ東遺跡が7世紀後半
から終わりごろ、 四天王寺式伽藍配置と推定される西遺跡が
8世紀初頭から前半に創建されたものと思われる。それぞれ

の寺跡を忍海郡部の条里におとしてみると、 前者は条里と一致
しないことから、 条里制が実施される前に建てられていた可
能性があり、後者は寺域が条里と一致することから、条里

制の施行以後に建てられたことがわかる。

 



脇田神社

祭神は菅原道真、天照大神、天児屋根

命、市杵島姫命。

社殿は春日造檜皮葺、木造朱塗。覆屋

があり、三方に白壁塗築地塀をめぐら

せています。拝殿は切妻造。コマ犬一

対、石燈瀧三基。

付近には地光寺という古代の寺院遺構

が存在し、境内鳥居そばに東塔の心礎

と考えられる花岡岩の礎石があり、その

中央に円形柱があります。

また、神社西の水田の中にも西塔の心礎

と推定される礎石が残っています。 

   


角刺神社
祭神は飯豊青命。社殿は東面、春日造で、

屋根は銅板葺になっています。

その前に石灯籠が三基。

拝殿は切妻造棧瓦葺の割拝殿、正面に

「角 刺 神洞」の額を掲げています。

拝殿前に石コマ犬一対、石燈籠一基、
石鳥居があります。