長法寺
貝吹山

越智光雲寺

有南神社

念仏寺
天津石門別神社
神武天皇社

 山の辺の道 散策ガイド 飛鳥 散策ガイド 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
長法寺地図
   
   
   
   
   
   
 
 説明(動画)⇒⇒⇒ 
 
 
     
三神社  
     
天満山長法寺(真言宗)

 表門 鐘楼 本堂 観音堂 地藏堂 茶所

石造層塔などがあり 本尊は大日如来坐像で

室町時代未期の作であることがわかる本尊は

地方では 常門の大日さん又は牛滝さんと

して親んている 扉の表面は見事な彫刻が

あり外陣には絵馬 正德四年境?図等 数々

奉納されている  又鬼瓦には慶安五年の刻銘が

ある  鐘楼は江時代初期の建立とみられる

梵鐘には延宝九年の刻銘があり天満山長法寺の

名が刻まれている 観音堂は宝?十三年の

刻銘もあり建築年代は少し古く聖観音立像を

中心に三十三所霊場の現音像を祀る地藏堂は

享保十二年の黑書があり千体仏後ろには古い

千体仏があり 二重になっている 又側板壁に

地獄 極楽の絵が描かれている境内には巨樹が

茂リ 多くの石灯籠がある中も境?南側の

小高い処に建つ層塔は 当初十三重石塔て

あったが現在八層である 塔内から金製の

押出仏と 銅製の円形の御正躰が検出され

?倉時代前期の造立と思われる  又正和五年

(一三一六)とはっきした 陰刻銘のある

重要美術品石灯籠もある 古老の伝には菅原

道真が吉野?淹に来遊の途上素性法師 の

案内で当地に立寄,山荘を構之たと言う

破損が激しく 表門 鐘楼本堂を平成七年に

観音堂は昭和六十年陣部分は古材き活し

改築された 平成八年観賞用に供するため

境?に二十種類三百株の牡丹を植栽した

 大日堂 保存会


貝吹山地図
 
 貝吹山の図 
 大和中世史は越智党と筒井党の抗争史といわれるほどの越智氏は
名豪族である。
 鎌倉時代の終わりに近い正和5年(1316)越智邦永が北条高時に
抗して、謀叛の旗を粉盛山の城館に翻した。
 その後、、南北朝時代に入り、邦永の子邦澄は、後醍醐天皇の南朝方
に加担し、元弘3年(1333)護良親王の令旨を受け高取城を築城。
また、貝吹山、玉手、佐田の山々にも支城をつくった。
 以来天正11年(1583)8月に越智玄藩頭家秀を最後に滅亡するまで
の約200年間、奈良盆地の南端に君臨し、中世文化を育てた。
  越智氏によって築造せられた高取城は、寛永17年(1640)植村家政
が2万5千石をもって入部して以来、代々相ついで明治維新に至った。





光雲寺地図
   
 黄檗宗 越智山 光雲寺 本堂 
  南朝の忠臣越智氏の菩提寺。
 万福寺の末寺。
 南北朝時代初期の貞和2年(1346)に越智邦永(出家して越智伊与入道宗林
と称した)が、自家の菩提所として禅宗の一寺院を建立して、室町初期の文安3年
(1446)大徳寺の義天玄紹が来て復興開基した。以後越智氏の菩提寺として栄
えたが、天正11年(1583)越智氏没落後は浄土宗の寺院として余命を保っていた。
天和年中黄檗宗祖隠元禅師の法孫にあたる京都西山淨往寺の鉄牛和尚の再興す
るところとなり、黄檗宗となって興雲寺の「興」の字を「光」に改めた。
   
 鐘門  厄除け杉
   樹齢千年に近い神木の杉。
 岡寺の星祭りには、この杉
の枝を持ち帰り厄払いの行事
につかわれている。 
   
   
   
    
 庭園
   
 
高取城の瓦

丸に一文字三剣(植村家の家紋)
 此の瓦は我国三大山城の一つ高取藩
植村候の居城である高取城跡の造物に
使われていた物です。明治二十七、八年
頃にお城が取り壊され、一部は神社や当
時の名士邸宅に移築されました。

 尚、此の瓦は香芝市関屋在住の当時は
大庄屋であった貴族院議員の藤田芳太郎
氏宅の土蕨に使われていた物です。






有南神社地図
   
 拝殿 寝殿  越智氏氏神
 
   
有南神社   



貝吹城址

貝吹城址

 文治元年(1185)宇野親家、越智を領し、貝吹山に城を築く。子孫、越智氏を称し長

くこの城に依りて、南和に覇を称う。城にことある時は3尺5寸の貝を吹き鳴らし一族

を集め備えを堅めしため、貝吹城と称すると越智古老伝は伝う。天正 11年(1583)、城

主越智玄蕃頭、高取城にて殺害され貝吹城も陥落す。約400年間大和散在党として南

大和に覇を称えし越智氏もついに亡び、今は只石垣のみ残る。標高210メートルの貝

吹山頂にその面影を残す。南大和の諸山城、高取城.佐田城,曾和城などと呼応する位

置にあり、要害というにふさわしい。 (現地説名板より)




念仏寺地図
 




天津石門別神社(あまついわとわけ)地図
   
  社殿がなく、板石を楯状にめぐらした玉垣中央に神体の榊が植えられている。

所在地 奈良県高市郡高取町越智字大西八五

御祭神 天手力男命(あめのたじからお のみこと)

由緒 越智氏居館跡の西に鎮座 旧村社

 古来九頭神社と称し、「越智氏系図」に元暦二年(一一八五)
越智家の祖、親家が戰場守護神とLて祀ったと記し、越智党団
結の 契機及び城館鎮護の神とされた。明治八年(一八七五)奈
良県示達により 「延喜式」神名帳高市郡 「天津石門別神社」に
治定され、社名も改称されたが根拠は不明。式内天津石門別
神社は天石户別神とも書さ、貞靚十七年(八七五)三月二十九日

正五位下より従四位下に昇叙(三代実録)。式内社は近世主で

所在不明で(大和志)、「五郡神社記」のみ忌部村(現奈良県橿

原市)の忌部神社(式内天太玉命神社)に併祀と記す。なお「三

代実録」貞観五年二月十四日条に大和国の天津石門別稚姫神

を従五位下より従五位上に昇叙したとあるが、天津石門別神

社との関係は不明。当社には社殿がなく、板石を楯状にめぐ

らした玉垣中央に神体の榊が植えられている。里俗に九頭竜

明神と称L、水神とLて祭祀されているが、自然崇拝の古い

信仰形態を残しており、もともと九頭神(国津神・牛頭天王)

を祀って いたものが語の類似により九頭竜となり、社名改变

に伴って天岩户を開いた天手力男命を祭祀するに至ったと考

えられる。なお「越智氏系図」には越智親家が冑の八幡座の

九頭銀竜を安置。九頭上大明神といって奉祀Lたとの說話が

みえる。

ー寺院神社大辞典よりー


   
     
 
 




越智氏






神武天皇社地図
   
   

神武天皇社

 祭神は神倭伊波札昆古命(カムヤマトイワレヒコノミコト)て、

初代神天皇の即位した場所であるといわれる。

事保二一年(一七三六年)の大和誌には「橿原宮。柏原村に在り

と記し、本居宣長も明和年(一七七ニ年)の「菅笠日記」に

「畝傍山の近くに橿原という地名はなく。一里あまり西南にある

iことを里人から聞いた」と記している。

言い伝えによると、この地が宮跡に指定されると住民が他亡移住

しなげればならなくなるのて、明治のはじめに証拠書類を全て焼却して

指定を逃れたという。

 本殿は流れ造りで、天保四年(一八三三年九月正遷宮の棟札
がある。

 本社の南にある境内社「嗛間神社(ほほま)」(別名店ホングワラの宮)

「サワリの神」と称され、神武天皇の前后である吾平津媛命

(アヒラツヒメノミコト)を祀る。伝承によると、神武天皇が

大和を平定した後、三輪の大物主神の娘である媛踏鞴五十鈴姫命

(ヒメタタライスズヒメノミコト)を皇后に迎えたため、やむなく

この地にに侘び住まいしたと伝えられる。その怒念が夫婦の縁を呪う

といわれ、昔から嫁入り行列はこの神社の前を通ってはならないと

されていた。

 里の北西には 「本馬 山(ほんま)」(標高一四三m があり、 神式が

国見をした「掖上の嗛間の丘」てあると伝えられる。