ホケノ山古墳地図
堂ノ後古墳地図

 山の辺の道 散策ガイド 飛鳥 散策ガイド 
 
 全長80m、後円部直径60mの前方後円墳。。
 古墳の主人を葬った主体部は、後円部中央に設けられた「石囲い木槨」です。「石囲い木槨」は
わが国で初めて確認された特殊な構造の埋葬施設で、木材でつくった「木槨」の周囲に、河原の
石を積み上げて「石囲い」をつくるという、二重構造をもっています。「石囲い」の上部は木材で

天井とし、その上に大規模な積石を行います。「石囲い」部分は、内法で長さ約7m、幅約2.7mで、

高さは現状で約1.1m、本来の高さは1.5m程度と考えられます。「石囲い木槨」の内部には、長さ約

5mのコウヤマキ製の長大な刳抜式木棺をおさめていました。この古墳の主人の遺骸は、木の棺、

木の部屋、石の部屋によって幾重にも厳重に包み込まれていたのです。埋葬施設の上部には石を

積んだ長方形の壇があったと推定され、このまわりにはさまざまな文様で飾った二重口緑壷を、

ほぼ一定の間隔で長方形に並べていました。 

 
桜井市遺跡解説パンフレット②より
 
石囲い木槨(上が北) 
 日本最古の古墳とされるホケノ山古墳であるが、
徳山県鳴門市の萩原墳墓群2号墓がその原型とされる。
同様のものが岡山県倉敷市の盾築(たてつき)墳丘墓にもある。
 棺を納めた小部屋「木槨(もっかく)」を石積みで囲む竪穴式の
構造が似ている。 

 後円部中央には「石囲い木槨」と呼ばれる木材で造られた槨

と、その周囲に多量の河原石を積み上げて石で囲う二重構造を

持った埋葬施設が確認されました。木槨の中には舟形木棺が置

かれていたと推測されています。このような埋葬施設は珍しく、

岡山県·香川県などに多くの類例が知られています。 

   
  前方部東斜面検出の埋葬施設

前方部の木棺墓と土器
 ホケノ山古墳前方部裾には長さ2.15m、幅0.45mの組合式木棺の痕跡が検出されました。

木棺には大型複合口縁壷や穴が開けられた広口壷が伴っていました。また木棺内には水銀朱が

撒かれていました。一旦覆われた葺石を取り外して埋葬していることや、土器の年代観から石

囲い木槨よりもやや新しい3世紀末頃(布留0式期)に埋葬されたと考えられています。 

 埋葬施設は、木槨と石槨からなる内外二重構造の槨に木棺を納めたものであった。
 槨:棺を収納し、保護保護するための埋葬用施設のことをいう。
 

横穴式石室と家形石棺

 石囲い木槨の西側から、墳丘を再利用して造られた6世紀末頃の横穴式石室が検出されまし

た。石囲い木槨が造られてから約300年後のことです。石室内には凝灰岩製家形石棺が置かれ

ていました。石囲い木槨を避けて築かれており、墳丘再利用という珍しい特徴をもつことか

ら、ホケノ山古墳に対して何らかの「ゆかり」を主張する人物が葬られたのではないかと考え

られています。

 

 巻向遺跡には箸墓古墳など古墳時代初め頃に築造された前方後円墳が点在しており、前方後円

墳発祥の地と考えられています。ホケノ山古墳はその中でも全体像が判明している唯一の古墳で

す。発掘調査により埋葬施設の詳細が明らかになり多量の副葬品が出土したほか、段築と葺石をも

つこともわかっており、日本における古墳が出現する過程を考える上で貴重な事例です。

   
 2009-5-29朝日新聞より  墳丘頂上から見た三輪山
 ホケノ山古墳の周囲には纏向遺跡がひろがっています。
纏向遺跡は東西約2km南北1.5kmの古墳時代前期の大きな集落遺跡であり、
初期ヤマト政権発祥の地として、あるいは北部九州の緒遺跡群に対する邪馬台国、
東の候補地として著名な遺跡です。
この遺跡は3世紀初めに出現し、およそ150年後の4世紀中頃には消滅してしまい
ます。
 遺跡の中には箸墓古墳を代表として、纏向型前方後円墳と呼ばれる石塚古墳
矢塚古墳勝山古墳東田大塚古墳・ホケノ山古墳の6基の古式の前方後円墳が
あります。これらの古墳は、その築造時期が何れも3世紀に遡るものと考えられて
おり、前方後円墳で構成された日本最古の古墳群と言われています。  
 
  ホケノ山古墳(手前)と箸墓古墳
 ホケノ山古墳を築く労働力は延べ4万5千人と言われているが、箸墓古墳は135万人とケタの違う労働力を要した。 
 崇神天皇の皇女である豊鋤入姫命の陵墓と伝わる。  
 三角縁神獣鏡の副葬が始まる前の時代の古墳、または、弥生墳丘墓。 
   
古墳  中平銘鉄刀と七支刀  ホケノ山古墳  
巨大古墳の謎    大嘗祭儀式  




堂ノ後古墳
   
   写真右端はホケノ山古墳


























石塚・勝山・大塚・東田大塚古墳 箸墓古墳