太子道筋違道(すじかい)) 地図

 
屏風 杵築神社前にある太子道の標識 
 聖徳太子が、自らの学問所建て住まいである斑鳩宮から飛鳥の小墾田宮まで往来に使ったといわれている約20kmの道。
斑鳩と飛鳥を最短距離で結ぶよう造られ、北北西に20度傾いた斜行道路。
 聖徳太子が飛鳥から宮古・伴堂を経て屏風を通り東院を過ぎ斑鳩・法隆寺へ従者の調子麿(ちょうしまろ)を連れて通われとき、
屏風の白山神社で愛馬(黒駒)を
止めたという駒つなぎ柳や、腰を掛けて休まれたという腰掛石が残されている。
 白山神社の前にある屏風杵築神社の拝殿には、太子接待の絵馬も奉納されている。
横大路にある太子駒つなぎの石 下ツ道 中ッ道 上ッ道  丸山古墳 
太子道(安堵町) 横大路 竹ノ内街道
奈良盆地の古道と都 法隆寺の謎 黒田大塚古墳

 聖徳太子が通ったという太子道は主に二つの経路があるという。ひとつは、住

まいがあった斑鳩から政務を執る飛鳥に向かう道で、奈良盆地を斜めに横切る

「筋違い道」・「すじかひ道」とも呼ばれる、いわばパイパス。もう一つは、

斑鳩と太子の墓所である磯叡福寺(大阪府太子町)とを結ぶ山越えの街道だ。

 太子建立の法隆寺では毎年、11月22日に飛鳥ルート(約20 km)、2月22日に磯

長ルート(約19km)を歩く「太子道をたずねる集い」を催している。2月22日が

太子の命日にあたることによる企画である。

 今回取りあげる飛鳥ルートは奈良盆地の田園の中を行く平坦な道。

法隆寺を出発して小一時間で着く飽波神社(安堵町)は、太子が掘ったと伝

わる井戸に近い。

 そこから南東へ約4km行った三宅町屏風は太子が昼食をとった場所といい、
太子のために屏風を立てたのが地名の由来だ。太子が腰掛けた腰掛石があり、
すぐそばの杵築神社に残る「ぴょろぷの清水」という井戸跡は太子が放った矢
によってわいたとされる昼食の休息をとれる場所は当然水を十分確保できるところ

でもあったのではないか。

 太子の時代ではないが、飽波神社と杵築神社との途中にあって「集い」の一行

も立ち寄る、油掛地蔵(川西町吐田、1523年造立)も水に縁がある。水害が多い
場所なので、お地蔵さんに油をかけて「水をはじいて」と祈ったのだとか。

 こうした逸話がルート上のあちこちにある。これは、行程がほぼ飛鳥川に沿

っていることも無縁ではないように思われる。水をどろやって手に入れるか、水

害をどう防ぐかは、いつの時代も難問だった。それが解決することへの祈りと、

聖徳太子の信仰とが結びついていったのだろうか。
  2009−1−6  朝日新聞 (小滝ちひろ)


 法隆寺の「太子道をたずねる集い」が22日、斑鳩町の同寺から聖徳太子墓があ

る大阪府太子町の叡福寺までの「磯髟ルート」で開かれた。この日は、太子(57

4〜622)の1388回忌。約230人の参加者は19キロのルートを完歩した。

晩秋の11月22日に催される、法隆寺ー明日香・橘寺間の小治田レートは太子の

通勤路をたどるが、磯長ルートは葬送の道。没後、太子信仰が仏教にどう取り込

まれていったのかをうかがうことができる。

 スタートして1:時間半で、王寺町の達磨寺に着いた。臨済宗南禅寺派に属

し、片岡山の山号を持つの禅寺には、創建にまつわる太子の伝説がある。

 太子が片岡山で餓死寸前の人に食べ物と衣服を与えた。善意実らず亡くなった

その人を手厚く葬ると、墓から遺体が消え、太子が与えた服だけが丁寧にたたま

れて棺の上に置かれていた。近隣の人々は「あれは達磨大師の生まれ変わり

だ」とうわさした。そして太子が達磨の像を刻み、それがまつられるようになっ

た、というのである。

 境内には達磨寺境内古墳群という3基の古墳があり、築造時期は太子存命中

の6世紀後半ごろ。現・本堂の下にある円墳の3号墳には、達磨の墓という伝承

もある。ほた、この場所は中近世にあった本堂の基壇でもあり、そこからは水晶

製の舎利容器と仏舎利(いずれも14世紀前半ごろ)が出土している。中世の仏教

が目指した釈迦への回帰、釈迦信仰を伝える品だ。

 聖徳太子の信仰、達磨大師と禅宗、釈迦信仰。「集い」の講師を務めた考古学

者で僧侶でもある前園実知雄・奈良芸術短大教授は「日本の仏教を凝縮したよ

うな寺」と話していたが、本当に奥深さを感じさせる場所に違いない。

 一行はさらに南下する。ここは浄土宗の寺院。境内前の案内板によれば、浄

土宗の開祖・法然(1133〜1212)が法隆寺・夢殿での祈願や聖徳太子墓の

参拝の途中に立ち寄り、本尊の阿弥陀如来を拝んだという。ここにも中世仏教と

太子のかかわりが見える。

 昼食を終えて向かったゴール、叡福寺は空海や親鸞、日蓮などが訪れて太子

をしのんだ寺だ。太子墓の前では、法隆寺の大野玄妙管長らが聖徳太子和讃を唱

え、太子をまつる聖霊殿前で般若心経をあげた。

 太子の時代に始まる日本の古代仏教は、中近世の信仰にも影響した。そして現

代。その影は色濃く、太子道を歩いて訪ねる人々に受け継がれていることを実感
した。
  2009−2−24  朝日新聞  (小滝ちひろ)
 


白山神社 地図
       
 白山神社  黒駒に乗る太子像  腰かけ石  駒つなぎの柳

屏風 杵築神社 地図

   
 本殿  
   
祭神 須佐男命
 拝殿に「おかげ踊り」絵馬「聖徳太子接待」絵馬が奉納されている。
拝殿北側には、太子が弓で穿かれたと言われている「屏風の清水」も残されている。  
  屏風 杵築神社には、太子が矢で示されたところから矢じりの井戸や太子接待の絵馬などもある。
屏風という地名は、村人が太子をもてなすとき屏風をたてて風を防いだことから名づけられたと伝えられている。