二年坂
三年坂(産寧坂)
茶わん
五条坂 
清水坂
一念坂
あさひ坂
たらたら坂

阿古屋琴責の段続き(壇浦兜軍記より)⇒⇒⇒
 











茶わん坂地図

茶わん坂由来

 清水一帯に開窯を見るに至ったのは

伝へによると聖武天皇(七三四- 七四三)'

の頃、僧行基によって清閑寺村茶碗

坂で製陶されたのが初めてといわれ

ている。

あるいは慶長年間(徳川家光の頃)

茶碗屋久兵衛が、五条坂一円で金・赤 青

を彩色した陶器を作り、これに清水

焼の名を冠したのが始まりと言われ

ている。

その由緒ある名を頂き茶わん坂と名

付けた。

茶わん坂繁栄会 














































,