波多子塚古墳(はたごづか)地図

大和地域には珍しい前方後方墳 墳丘測量図
西向きに延びる低く長い丘陵上に立地する前方後方墳。
墳丘規模は全長140m、後方部東西幅50m、前方部幅14m、前方部90m。
前方部の形態が細長いことがこの古墳の特徴である。埋葬施設が竪穴式石室。
墳丘裾の葺石と周濠の存在が明らかとなり、外提上では板石積みの小石室も
見つかっている。
周濠からは多くの埴輪片が出土し、朝顔形埴輪、鰭付埴輪(ひれ)、
特殊器台形埴輪(きだいがた)などがある。
古墳の築造時期については、3世紀後半。古墳時代初期の大型古墳である。