頭塔(ずとう)地図

 
     
 外見は森であるが、本来方形32mの四角錐台で、7段に築かれた仏塔である。各段の四方には現在27基の石仏が残っている。
石仏の高さ61〜111cm、それぞれ浮彫線彫などで如来三尊や侍者等を現した一群は変化に富んでいる。奈良時代の彫刻として価値の高い
これらの石仏のうち、当時確認できた13基は昭和52年6月11日重要文化財に指定された。 
動画  
 全動画⇒⇒⇒  
 
     
階段状に築いた土の外側に石を敷き詰めた造りとなっている。
方形7段の形状で高さ約10m、1辺は32mである。
四方には浮彫された如来三尊などの石仏28体(内22体は重文)がはめ込まれている。
奈良時代東大寺の僧、実忠(じっちゅう)が767年に造ったと伝わる。

頭塔の名の由来
1、左遷されて大宰府で没した奈良時代の僧・玄ム(げんぼう)の首が飛んできた。 
2、土塔(どとう)がなまって頭塔になった。 
     
 
 
   
   

































,