西都原古墳群地図

 一ツ瀬川の西岸に広がる。昭和四十一年、
史蹟公園風土記の丘一号に指定された。
西都原古墳群は、三百数十基という数の上でも、
また、その築造の規模においても他をしのいでいる。
 築造の年代は古墳時代(3〜4世紀ごろから8世紀前半)全期にわたり、
型式もあらゆる種類のものがある。
 女狭穂塚を中心に東西約1.3km南北約3.2kmの範囲に古墳が
分布されている。
 陵墓参考地として、男狭穂塚(みさほづか)神代一代瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)、
女狭穂塚(めさほづか)木花之佐久夜毘売命(コノハナサクヤヒメ)の御陵であると
伝えられるものがある。
日向神話関連図⇒⇒⇒