興正寺地図

真宗興正派の本山で円頓山と号する。
北に西本願寺が大きく寺域を広げているので、西本願寺の一部に見えるが、
独立した真宗興正派の本山である。 
 興正寺には江戸時代絵師・狩野探幽(たんゆう1602〜74)の晩年の作品水墨画
「雲龍図」が伝わる。)












興正寺本廟地図

     
 

興正寺本廟

 当寺は真宗興正派(本山興正寺。京都市下京区七条堀川)
の別院で、
宗祖親鸞聖人の御骨が収まる本廟(御霊屋)であり、又全国門信徒総納骨所である。

この地は釈迦が初めて説法されたインドの「霊鷲山」に似ているところから霊山といわれ、法然上人が別時念佛を

修せられた所でもある。

境内には、京都の近代画家菊池契月・養父の菊池芳文、両画伯の墓勤皇の志士三国大学の顕彰碑などがある。

 霊山興正寺別院  

 法然上人⇒