第116代 桃園天皇(ももぞの)地図

桜町天皇(第一皇子)
開明門院藤原定子(姉小路実武の娘)
誕生 …1741年(寛保元年)2.29
御名・異称 避仁(トオヒト)、八穂宮、(茶地宮)
中宮 一条富子
立太子 …1747年(延享4年)3.16
即位 …1747年(延享4年)5.
在位年数 …15年
崩御 …1762年(宝暦12年)7.12(年齢22才)
皇居 平安宮
年号 延享、寛延、宝暦
尊皇論者の神道家竹内式部が朝廷の公卿らを感化、向学心旺盛な天皇にまで及んだ。これによる朝幕関係の悪化を憂慮した幕府は、竹内式部を追放、公家17人を罷免・処罰した。(宝暦事件)


唐門
泉涌寺唐門の奥に霊明殿があり、その奥が月輪陵となる
陵墓名 月輪陵   九重塔
所在地 京都市東区泉涌寺内
九重石塔は兆域東隅にあり、中御門天皇陵の南東側にあたる。高さ5.45m、基壇は方4.36mの規模である。正面には石門と石郭を付している。
埋葬の宝壙は方2間、内に松材方1丈の槽を納め、この内部は石灰と敲土で固め、その暑さは1尺、さらに内側に方6尺の石槨を儲け、檜材の棺槨を納める三重構造である。