吉野水分神社地図

山の辺の道 散策ガイド 飛鳥 散策ガイド  京都 散策ガイド 
  動画    吉野水分神社⇒⇒⇒
全動画⇒⇒⇒  
 
 本殿
吉野水分神社(重要文化財)

 水の分配を司る天之水分(あめのみくまり)大神を主神としている神社で、"みくまりが"御子守"(みこもり)と

なまって俗に子守明神、子守さんとも呼ばれて親しまれ、子授けの神として信仰されています。社殿は豊臣秀

頼が再建したもので、本殿、拝殿、幣殿、楼門、回廊からなる桃山時代の大変美しい建築です。

   
 拝殿(桃山時代・慶長9年・1604 再建 重文)  幣殿(桃山時代・慶長9年・1604 再建 重文)
     
 鳥居と楼門 楼門(桃山時代・慶長9年・1604 再建 重文) 
 
 楼門
   
 左 拝殿   正面 幣殿  右 本殿
   
木造 西行法師坐像 益田慶運作  江戸·天明5年(1785)

 袈裟を着けた温和な老相の西行像で、西行庵に伝来したが、
現在は吉野水分神社にて祀られる。

ヒノキ材の一木造りで、背面の陰刻銘から天明5年、江戸の
大井八右衛門定恒が願主となり、
益田慶運に彫らせて奉納
したことがわかる。

 吉野水分神社は、大和国の四所水分(よんしょみくまり)の一つとして古くから信仰されてきた。
「みくまり」の「み」は「水」、「くまり」は「配り」の意で、山から流れ出る水が分岐するところ分水嶺。
或いは水を分けること。調節するところ。