お里・沢市の墓地図

 山の辺の道 散策ガイド 飛鳥 散策ガイド 
   
お里・沢市の墓 

壺阪の月に杖ひく夫婦かな


 「日本感霊録」に九世紀初めの弘仁年中,盲目の沙

弥が壺阪観音の信仰で開眼治癒したという話があり、

(「壺阪寺古老伝」に記されている。)すでにこの頃

から本尊の十一面千手観音は民間の信仰を集めていた

ことがわかる。これは後世のいわゆる盲人開眼「壺坂

霊験記」の原形になったものである。

 この「お里·沢市」の物語は今より三百年以上も昔

(寛文年間)壺阪寺のふもと、大和国高取郷土佐町に

住む沢市という盲人と妻里の夫婦愛をテーマにした「

観音霊場記」に二世豊沢団平と妻の千賀女が加筆した

ものであり、浄瑠璃、歌舞伎に浪曲にとこの夫婦純愛

物語は日本国中さらに海外にまで知れ渡っている。

壺阪寺⇒⇒⇒
文楽 壺阪観音霊験記⇒⇒⇒ 
 文楽⇒⇒⇒