弥生の青銅製分銅か
滋賀·下鈎遺跡精密な計量示す

 弥生時代の環濠集落として知られる下鈎遺跡(滋賀県栗東市)で、20年前に出土した弥生時
代後期後半
(2世紀後半)の青銅品1点が、てんびんばかりに用いるリング状の分銅「環権」で
ある可能性が高いこ
とが分かり、市教育委員会が23日発表した。青銅製環権は中国や韓国で
は墓に副
葬された例があるが国内で見つかるのは初めて。

 下鈎遺跡では青銅器や祭祀に使う赤色顔料「朱」を生産しており、市教委は「中国か朝鮮半
島からの渡
来品と考えられる。他地域との交易や、青銅の配合,朱の計量など精密な計量に
いたのだろうとしてお
り、弥生時代に度量衡制度が伝わっていたことを示す史料として注目され
そうだ。

 これまで亀井遺跡(大阪府八尾市など)などでてんびん用の円柱状の石製分銅が、原の辻遺
跡(長崎県壱
岐市)では、さおばかりにつり下げる青銅製分銅(弥生後期)が出土している。

 下鈎の青銅品は平成11年に見つかり、腕輪の「銅釧(どうくしろ)」としては大きすぎるため、
用途は不明だった。福
岡大研究員だった輪内遼さん(佐賀県嬉野市職員)らが29年ごろから調
査し、韓国南部の茶戸里(たほり)遺跡1号墓
(紀元前1世紀)で出土した青銅製環権と重さを比
した。

 青銅品は重さが89.7g茶戸里で出土した最大の環権( 22.73g )の約4倍に当たるという。これま

で見つかっている古代の分銅は質量が2の累乗倍という法則性があり、環権の可能性が高いと
判断した。

 外径12 . 7cm、内径1125cmで厚さ0 . 7 cm。平坦面もあり、積み重ねに適た形状。集落跡
の川底から
弥生後期の土器と出土した。下鈎では中国の前漢鏡(紀元前1世紀ごろ)の破片もあ
り、鏡とともに弥牛
中期にもたらされた可能性もあるという。


下鈎遺跡

 滋賀県栗東市にある弥生時代の環濠集落跡。大型建物跡4棟や国内最小の銅鐸(どうたく)
ど多彩な出土品で知られる。北陸や東海など各地の土器も見つかっており、他地域との交
流も盛んだったとみられ、青銅器や祭祀用の顔料である水銀朱を生産していたことも分かって
いる。約2キロ離れた伊勢遺跡(同県守山市)とともに近畿の中心的集落だったと推定されてい
る。
 2019-5-24 産経新聞
 

 

下鈎遺跡で出土したリング

状の青銅品。分銅の可能性

が高いことが分かった。奥

は腕輪の「銅釧」

滋賀県栗東市 

 

弥生時代にてんびんばかりに分銅

「環権」を使う様子のイメージ

(栗東市教育委員会提供) 

































/