その他

46億年前 地球誕生
5億4200万年前 カンブリア紀 地球上の生物は、種類が爆発的にふえた。
オルドビス紀 オルドビス紀末4億4000年前生物大量絶滅85%(1回目) アノマロカリス
4億4000万年前 シルル紀
テボン紀 ウミサソリ
3億7000万年前 デボン紀後期(3億7000万年前)生物大量絶滅82%(2回目)
石炭紀 三葉虫
ベルム紀 ペルム紀末生物の種の96%が絶滅(3回目)
2億5000万年前 三畳紀 三畳紀末(2億年前)生物大量絶滅76%(4回目)を経て恐竜が台頭した。
2億年前 ジュラ紀 コエロフィシス
白亜紀 白亜紀末、直径10〜15kmの小惑星が衝突。広島原爆の10億倍のエネルギー。高さ300mの津波発生。
大気中に硫酸塩やすすが放出され、酸性雨を降らせたり太陽光を遮り寒冷化を引き起こした。
恐竜が滅び、生物種の7割から9割が大量絶滅(5回目)
恐竜がいなくなった後、哺乳類の時代が訪れた。
ティラノサウルス
6500万年前 古第三紀
新第三紀
第四紀
現代