江田神社地図

 國生みの神話で知られる伊弉諾尊
(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊
(いざなみのみこと)を祀る。
本殿の裏手には、みそぎ池が佇む。
神殿 拝殿
「続日本後紀」の仁明天皇承和四年(837)八月の条にこの神社の名が出ており、その創建は相当旧いことがわかる。
日向國四座の内の一つに数えられた由緒ある古社で、明治六年に県社に列している。


 みそぎ池
 「みそぎ」の場所が、神主の祓詞(はらえことば)に残る「筑紫の日向の橘の小戸(おど)の阿波岐原(あはぎはら)」であると古事記は伝える。
 伊弉冉尊が死に、これを嘆いた伊弉諾尊は、妻を黄泉の國まで追っていくが、そこで汚れを受け、あわてて逃げ帰る。
伊弉諾尊は、御身体を清めるため、ここで「みそぎ」をしたと伝えられる。
 この池で伊弉諾尊が左の目を洗うと天照大神が、右の目を洗うと月読命が鼻を洗うと素戔嗚尊が生まれた。
 みそぎ場所は、入江であること、そして入江には小戸(せまい水門のようなところ)に橘がなくてはならない。
水の中に身を入れて清める。神社の手水舎で手に水をかけ清めるるのは、みそぎを簡略したものと言える。
祓詞(はらえことば)
 掛()けまくも(かしこ)  伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ) 
 筑紫(つくし)日向(ひむか)橘小戸(たちばなのをど)阿波岐原(あわぎはら) 
 御禊祓
(みそぎはら)
(たま)ひし時に()()せる祓戸(はらへど)大神等(おおかみたち)  
 (もろもろ)禍事(まがごと)  罪穢有(つみけがれあ)らむをば 
 祓へ給ひ清め給へと(まを)
す事を()こし()せと  (かしこ)み恐みも白

 伊邪那岐大神が筑紫の日向の橘小戸の阿波岐原で御禊祓をされたときに生まれた祓戸の神々よ、さまざまな罪穢れを清めてください。
祓詞は伊邪那岐大神阿波岐原で身を清めたことが祓の起源であると説く。
 



日向神話関連図⇒⇒⇒
本殿裏の松林を抜けると、市民の森に達し、みそぎ御池がある。 霊力のある神木といわれ、手で触ると霊験あらたかという。
天照大神 素戔嗚尊 月読命 イザナギノミコト