傘堂地図

 山の辺の道 散策ガイド 飛鳥 散策ガイド 
 左甚五郎が造ったと伝えられており、大池の東畔にある。
一辺40cmあまりの方柱一本の上に、方形造の屋根がのせてあり、総欅作りの珍しい形で、本瓦葺の屋根の頂上に
瓦製の宝珠露盤をのせている。また、傘堂はぽっくり信仰が伝えられている。
 傘阿弥陀は石光寺(約500m)に、鐘は明円寺に保管されている。
 江戸時代前期にこの地の郡奉行を務めていた吉弘統家(よしひろのりいえ)が、主君である郡山藩主本多政勝の没後、その菩提を弔うため、
延宝2年(1674)に独自に建立した「影堂」、「位牌堂」である。
 もとここに吊り下げられていた梵鐘には、「恋王の私情に勝(た)えず」「一恩永伝」等の言葉が刻み込まれ、独特の君臣関係にあった。
 傘堂は、統家らが開いた大池により益を蒙った付近の新在家、今在家、染野の3地区の人々によってその後も守り続けられている。

五智堂⇒⇒⇒




























/