竹之内環濠集落地図

 環濠集落は一般的には南北時代から筒井順慶による統一まで、
大和の戦国乱世が生んだ自衛の集落で、周囲に堀を穿って
成立したと考えられている。溝の内外を土塁により盛り上げ、
さらに外側には竹を植えることにより防衛性を高めたのである。
竹之内環濠の堀は西側にかろうじて池として残り、
北側のラインには竹やぶが現存している。
 奈良盆地には環濠集落が多いが、
竹之内は標高100mで、県内で最も高地にあるとされ
ている。
萱生環濠集落⇒