天理教本部

 礼拝場が東西南北にあり、その中心に神殿がある。四方から礼拝が出来る。
ここには、お社はなく神殿の真中を「ぢば」といい、ここに親神天理王命
(てんりおう)が鎮まる。そこに六角形の台の形をした「かんろだい」
が据えられている。このかんろだいを目標(めどう)として、礼拝する。
 教祖殿が神殿の北にあり、教祖(おやさま)中山みきが身をかくしたところとなっている。
ここは東西の回廊で結ばれており、手前から御用場・合殿・教祖殿と分かれていて、
御用場と合殿から教祖中山みきを礼拝する。
 天理教は教祖(おやさま)・中山みきにより、1838年に開かれた。神殿は、「ぢば」を
中心に、四方に建てられている。この「ぢば」を訪れることは、人間の故郷に帰るという
意味から「小ぢば帰り」と呼ばれている。
 神殿は1年365日24時間開放されている。
地図
施設
 文教施設として、天理大学、高等学校(全日制・定時制)、中学、小学校、幼稚園のほかに、天理教校とその付属高校。
天理大学の付属施設として、図書館と参考館(博物館)がある。
 病院として、現代医学の粋を集めた医療設備をもつ「憩の家」病院があり、ベット数は1000床ある。
ここには、天理看護学院、天理医学技術学校といった付属校も設けられている。
天理教教祖 中山みき

 天理教の教祖中山みきは、寛政10年

(1798 )、大和国山辺郡西三昧田村の前

川家の長女として生れました。|司郡庄

屋敷村の中山家に嫁ぎ、美しい心と善

行で人々から敬愛されていた彼女が、

神の啓示をうけたのは41才の時。これ

が天理教の創始といわれています。

天理教の教えは、すべての人々が病

気を知らず悩み苦しむことのない“陽

気ぐらし”の実現を目指しています。

貧しい人々への施しに家財を傾ける

みきの行動は、最初人々に理解されず

後には世間から激しい迫害干渉を受け

ました。けれども、どのような境遇に

あっても常に明るさを失わずに、人々

の幸せのために力を尽くしたみきの生

き方こそ、陽気ぐらしの手本といえる

のではないでしょうか MoTTo てんり より 

       動画   天理教教祖130年祭⇒⇒⇒
黄葉のイチョウ並木⇒⇒⇒
天理教本部周辺の銀杏並木⇒⇒⇒
天理教本部周辺の風景⇒⇒⇒
 天理教本部前⇒⇒⇒
 天理教本部から石上神宮へ⇒⇒⇒ 
 全動画⇒⇒⇒   天理から桜井の順⇒⇒⇒