磐余池推定地(池之内説)地図

 
 古代に築かれた巨大な人工の池の跡です。戒外川の東岸から西方

卸厨子神社が位置する丘陵にかけて、長さ約300m、幅約20~ 55m

高さ約2 ~ 3mの土手状の「高まり」が存在しています。南に広がる

谷を塞ぐ位置にある、この「高まり」が池の堤の跡です。古代には堤

の南側に巨大な池が広がっていました。堤は丘陵の延長部分に盛土を

施して築かれています。現在、堤の上は畑や宅地に、池の部分は水田

となっています。

 堤は6世紀後半には存在しており、堤の上では6世紀後半~ 7世世紀
前半の建物や塀が多数発見されています。
藤原京の時代(7世紀末~

~ 8世紀初頭)には、堤の一角に水量調整用と考えられる深さ4m以

上の大溝が掘られています。堤の外(北)側の裾付近には石敷が施さ

れている地点もあります。池は12~ 13世紀頃には埋没して耕作地

になったようです。

 この池は『日本書紀』や『万葉集』にたびたび登場する「磐余池」

にあたるのではないかと考えられています。
 平成27年3月 橿原市教育委員会