磐余池辺双槻宮(いわれのいけのべのなみつきのみや)地図
御厨子神社地図
御厨子観音地図

磐余甕栗宮、御厨子神社⇒⇒⇒

北東に位置する三輪山 南西(右端)に位置する香具山
 堤の上から見る池は景観的にも優れており、観賞や遊宴用としての役割があった事が推測されます。
また、池は奈良盆地東南部の中でも水を供給し易い高所に立地しており、灌漑用の池として理にかなった
ところに築かれていると言えます。
 現地見学資料より
 磐余池(いわれ)の推定地とされる池の堤とみられる跡が見つかった。
谷の出口を塞ぐように堤が築かれ、池の範囲が東西約700m、南北600mと推定される。
 ダム式の古代ため池の発掘事例では最古。堤の上には建物群跡があり、用明天皇の宮殿に関連する施設との見方
もある。
 5世紀前半、池を造った履中天皇らが舟遊びを楽しんでいた時、季節外れの桜の花びらが
舞い込んだ吉事を記した日本書紀の一節の舞台とされる。
 十一月に、磐余池作る。
 三年の冬十一月の六日に、天皇、両枝船を磐余市磯池に泛べたまふ。皇妃と各分ち乗りて遊宴
びたまふ。膳臣余磯、酒献る。時に桜の花、御盞に落れり。天皇、異びたまひて、即ち物部長真胆
連を召して、詔して日はく、「是の花、非時にして来たれり。其れ何処の花らむ。汝、自ら求むべし」
とのたまふ。是に、長真胆連、独花尋ねて、腋上室山に獲て、献る。
天皇、其の希有しことを歓びて、即ち宮の名としたまふ。故、磐余稚桜と謂す。其れ此の縁なり。
 「磐余」を冠する宮居には、
 履中天皇 二つの稚桜宮稚桜宮
 神功皇后 磐余若桜宮
 清寧天皇 磐余甕栗宮
 継体天皇 磐余玉穂宮
 敏達天皇 訳語田幸玉宮(磐余地方)
 用明天皇 磐余池辺双槻宮  
昔の池をはさんで(池の西側)に
歌碑が設置してある。こちら側には
御厨子観音、御厨子神社がある。

大津皇子、被死(みまか)らしめらゆる時、磐余の池の
陂(つつみ)にして
涕(なみだ)を流して作りよしし御歌一首


万葉集巻3−416 大津皇子 
 百(もも)伝(づた)ふ磐余の池に鳴く鴨を
今日のみみてや雲隠りなむ

 磐余の池に鳴く鴨を見ることも今日限りで、
私は雲の彼方に去ってしまうのだろうか。
 天武天皇の死のわずか1ヵ月後、磐余れ
池近くにあったとされる訳語田(おさだ)の
自邸で死を賜わった。
御厨子神社



 弘法大師を宋祖とし高野山金剛峯寺を総本山とする。
当山の観音様は、吉備真備公が唐に留学するに当たり、航海の安全と学問の成就を守った。 
日本書紀:履中天皇が5世紀前半に磐余池を造って船遊びをした。
清少納言枕草子:池の例として磐余池を挙げる
天皇と宮の名⇒⇒⇒