今宮神社地図

祭神
大己貴命
事代主命
奇稲田姫
 今宮神社の摂社疫(えき)神社の祭礼である「やすらい祭(夜須礼・安良居)」
京都の三大奇祭のひとつ(ほかは太秦の牛祭、鞍馬の火祭)である。
 四月の第二日曜日、社殿前で大きな花傘を中心に練り衆が乱舞して、
花の時期に流行するといわれた疫病を退散させる。
 疫神社は今宮神社が鎮座する以前からの社で、その古社にたいするために本社は「今宮」の名がついた。
一条天皇⇒⇒⇒
一条天皇 一条天皇
楼門 本殿
織姫神社
社の前に立つ横糸を通すシャトル(杼・ひ)形。
阿呆堅さん(あほかし)、神占石
二度目に持ち上げたときに、前より軽いと感じたら願いがかなう。
東門
 東門を出ると、
今宮神社名物「あぶり餅」の茶店があり、
香ばしいにおいが漂う。
 今宮神社は古来疫病を祀り、疫病を祓うために御霊会が行われてきた古社である。境内には大国主命・事代主命・奇稲田姫命を祀った本殿と、疫神である素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祀った疫神社が鎮座している。この閑静な社は、疫神を鎮めるために設けられた異界なのである。
 正暦5年(994)には、洛中に疫病が流行したために、神輿を作り当社から素戔嗚尊を担ぎ出し、船岡山で御霊会が営まれた。そして山頂の磐座(いわくら)で荒らぶる素戔嗚尊を鎮めたという。