主な年中行事、本尊、開山、
開創年、御詠歌、電話などは こちら

宝印
地図
リンク 
十三重石塔

生駒山系は古くから多様な信仰が盛んな土地だった。宝山寺や朝護孫子寺などの有名寺院だけでなく、山中の随所

にある小さな滝では今も修験者が滝行に励む。

修験道は7世紀後半、役行者が山上ケ岳(大峯山寺)と 吉野山(金峯山寺)で開いたのが始まりとされる。その大

峯山より前に役行者が開いたという伝承を持つのが、平群町鳴川の千光寺だ。役行者はこの地から山上ヶ岳を望み、

修行の地に選んだと伝わる。

修験道の山開きにあたる「戸開式(とあけしき)」が、千光寺では大峯山寺より1カ月ほど早い4月初めに開かれる。 


写真をクリックして下さい。大きい写真が出ます。 
山門 大師ご供養 大師堂
観音堂 行者堂 護摩供養祈願
祭に使用
さされる場所