生駒山 宝山寺


主な年中行事、本尊、開山、
開創年、御詠歌、電話などは こちら

宝印
地図
 
多宝塔
桧皮葺、朱塗
奈良方面を望む 一の鳥居 惣門から多宝塔を望む 宝山寺を一望
 生駒の聖天さんと呼ばれる。山には岩場も多く修験道の祖、役行者もここで修行している。
 宝山寺がある生駒山は、神仙が住む山として古代から畏れら、万葉集にも登場する。
 一の鳥居から矢田丘陵を見え、その向こうに奈良盆地がひらける。
参道から山門までは石畳で、石段の勾配も緩やかである。
参道の両側は寄進された灯籠や石柱の列で、
その後ろは杉の木立があり、緑のトンネルをなしている。
 奈良時代から修験道の修行場だったといういう他に、1678年、
僧の湛海(たんかい)が開いたとされる真言律宗の寺。
 本堂 寄棟式瓦葺き屋根  不動明王(湛海作)安置
 拝殿 鳥居と檜皮葺きの神社風
 迎賓館(重文)獅子閣 西洋建築を見よう見まねで建てられた。
 奥の院まで並ぶ行燈の数は一万以上。 
惣門を臨む大鳥居は全て御影石で作られ日本一の鳥居。
坂と石段を組み合わせた坂道で、まっすぐ宝山寺山門まで石段は276段、
左右は料理旅館、土産物屋などが続いている。
弥勒菩薩
岩屋の本尊
地蔵
多宝塔から
奥の院に至
る参道
多宝塔 多宝塔