東乗鞍古墳地図

 東乗鞍古墳(左)と西乗鞍古墳(右)。
山の辺の道から少し外れた位置になる。
     
  西乗鞍古墳とは隣接する場所に造られている。東西に主軸を置く前方後円墳である。
全長約75mの規模で前方部が幅約68m開く典型的な後期古墳である。
 後円部は径約44m高さ約10m、墳長は大きくへこみ、土砂が石室に流入している。
埋蔵施設は後円部の横穴式石室で南側に開口している。
玄室には、凝灰岩でつくられた二基の石棺がある。6世紀前半の構造と推定されている。

古墳⇒⇒⇒
     

横穴式石室

 石室は全長約10m、高さ約3.3mである。玄室には阿蘇溶結凝灰岩製の刳抜式家形石棺が置かれている。

この石棺材は有明海に面した熊本県宇土市にある石切場から採取された石である。手前には二上山凝

灰岩製の組合式石棺の底石が置かれている。

石室からは甲冑の小札(こざね)、馬具の杏葉などが出土し、6世紀初頭の初期横穴式石室である。また家形

石棺も古いタイプのものである。






s