西乗鞍古墳地図

昭和天皇が陸軍大演習を統監しただけあって、大和平野が一望できる。
少し木がうるさいが、西方に南から金剛山葛城山二上山信貴山生駒山が見渡せる。
 丘陵の先端部に造られた前方後円墳である。
後円部が高く約15m、前方部の幅約85m
高さ約14mとラインが強く開くところから、
後期古墳であることを示し横穴式石室の
存在が想定される。
6世紀前半ごろの円筒埴輪、
朝顔形埴輪などが出土している。

 戦時中の改変を強く受けている。
 西乗鞍古墳(右)は、山の辺の道から少し
外れた位置になる。
 天理観光農園夜都伎神社の「山の辺の道」
コースは地図上のところとなる。

古墳⇒⇒⇒
古墳の真南に親里ホッケー場がある。
遊園地となっている。
 大元帥陛下駐蹕之處
(ちゅうひつのところ)
と刻んだ石碑がある。
 しかし、今はこの通り、
草木で覆われており、
正面から文字は読み取れない。

(古墳時代後期)

西乗鞍古墳は、東方より延びる丘陵の先端部に築かれた大型古墳

です。東方の東乗鞍古墳や西北方の小墓古墳などとともに杣之内古

墳群を形成しています。

当古墳の墳丘は、前方部を南に向けた前方後円墳で全長約118m,

後円部径約66m、高さ約16mを測ります。後円部が高く、前方部側

縁のラインが強く開いた墳形の特徴から後期古墳であることが知られ、

埋葬施設は横穴式石室であると想定されています。

墳丘裾部の西側に東西約20〜30m、南北約130mの平坦地がひろが

り、西面する道路面からの比高差が約5m以上あることから、墳丘

の土台となる基壇状の施設の存在が考えられています。この平坦面

では、東側墳丘裾に向かって緩やかに傾斜することから周濠の痕跡

と考えられていました。

昭和56 (1981)年の南側隣接地における発掘調査(奈良県立橿原

考古学研究所が実施)では、南・東側に外濠が検出され二重周濠の

存在が確認されています。また、平成11 (1999)年の墳丘裾西側平

坦面での発掘調査(天理市教育委員会が実施)の際には、周濠の堆

積と東側外堤の遺存状況が初めて確かめられました。

これまでにも、墳丘上から須恵器・円筒埴輪・朝顔形埴輪などが

採集され当古墳の築造時期推定の材料となっていましたが、近年の

発掘調査では、より良好な状況での土器,埴輪類の出土が見られ、

6世紀前半頃の築造時期が推定されています。

2009年3月 天理市教育委員会




















s