西乗鞍古墳地図

 山の辺の道 散策ガイド 飛鳥 散策ガイド 
昭和天皇が陸軍大演習を統監しただけあって、大和平野が一望できる。
西方に向かって南から金剛山葛城山二上山信貴山生駒山が見渡せる。
   
 等高線図 外提の検出状況 
 丘陵の先端部に造られた前方後円墳である。
後円部が高く約15m、前方部の幅約85m
高さ約14mとラインが強く開くところから、
後期古墳であることを示し横穴式石室の
存在が想定される。
6世紀前半ごろの円筒埴輪、
朝顔形埴輪などが出土している。

 戦時中の改変を強く受けている。
 西乗鞍古墳(右)は、山の辺の道から少し
外れた位置になる。
 天理観光農園夜都伎神社の「山の辺の道」
コースは地図上のところとなる。

古墳⇒⇒⇒
西乗鞍古墳⇒⇒⇒
古墳の真南に親里ホッケー場がある。
 大元帥陛下駐蹕之處
(ちゅうひつのところ)
  と刻んだ石碑がある。 
 
写真上が東乗鞍古墳、下が西乗鞍古墳
 西乗鞍古墳は柚之内町に所在し、東方の東乗鞍古墳

西北方の小墓古墳とともに一群を形成しています。仙之内

古墳群では西山古墳に次いで2番目の大きさです。

 墳丘は前方部を南に向けた前方後円墳で、全長約118m
あります。この墳丘の周辺には、周囲より一段高い幅広

い基壇状の平坦地が墳丘を一周するように広がっており、

その規模は南北約165mに達します。 埋葬施設は明らかに

なっていませんが、 横穴式石室である可能性が想定されて

います。

 これまでの測量調査・発掘調査により、墳丘が上下二段

の斜面で造られている可能性が高いこと、 周濠と外堤が埋

没して現在の広大な平坦地が生まれていること、 外堤のさ

らに外側にも堀割がめぐっているらしいことなどが確認さ

れています。円筒埴輪・形象埴輪・土師器・須恵器などが出

土しており、5世紀末頃に築造された古墳と考えられてい

ます。

 西乗鞍古墳は同時期の古墳としては大王墓に次ぐ規模

を誇っており、王権を支えた有力豪族の首長墳にふさわし

い規模を有しています。

 平成30(2018)年2月13日 国史跡指定

 平成312019)年3月 天理市教育委員会




















s