坂本地図

伝教大師最澄上人産湯の井戸
 今より1300年ほど昔のこと平安時代の初に奈良の仏教とは異なった宗派の仏教が,
新しい息吹きとして唐(中国)より伝わった。
即ち天台真言の二宗派であった。
 桓武天皇の命令をうけて海を渡り唐に留学し天台山に登り,
仏教の奥義を学び帰国して比叡山に天台宗を開いた伝道大師最澄上人は767年8月18日に
この坂本の地でご誕生された。
 そのとき産湯の水として汲まれたのがこの井戸であると云われている。
 坂本では、町の至る所に石垣を見ることができる。ほとんど手を加えない自然石の石面を巧みに利用したこの石積みは「穴太衆積み」といわれている。一般に「穴太衆」と呼ばれる、坂本穴太を本拠地とした石工集団の技術によって築かれた。

穴太衆積みの特徴
 石積みの技としては、大きく分けて、自然石を何の加工もせず、そのまま積む「野面積み」と石の面を槌でたたいて、おおざっぱに加工した石を組み合わせて積む「打込みハギ」、のみで加工した石を間隙なく組み合わせて積む「切込みハギ」の三種類があると言われています。
 穴太積みは「野面積み」を代表する積み方で、一見粗野に見えますが、堅牢さは比類ないものがある。その秘密は、積み石の比重のかけ方にあって、表面から3分の1奥のところに重力がかかるように設計されており、さらに土の水ぶくれによる崩壊を防ぐため、石垣の奥に栗石層、その奥に小石をつめていくなどして排水を良くする工夫が施されている。
 この様に目に見えない部分に、穴太積みならではの技が潜んでおり、それが何百年の風雪に絶え得る堅牢さを生み出している。
穴太衆積みの石垣