常寂光寺地図

山門 本堂 多宝塔(重文)
日蓮宗
本尊 十界大曼荼羅
 日禎(にってい)は日蓮宗不受布施派の日蓮宗僧で、豊臣秀吉の大仏開眼供養の出仕を拒否してここに隠居した。それは日禎に帰依していた角倉了以や小早川秀秋の援助によるという。
 多宝塔は京都の町衆らが大檀那となって天和年間(1681〜84)に寄進したものである。
 嵯峨野を一望できる小倉山の中腹にある。

日蓮宗の寺院である。慶長元年(一五九六)本圀寺十六世究竟院日槇(くきょういん にっしん)が、この地に隠棲して開創した。
寺域が小倉山の中腹を占め、幽雅閑寂で",
天台四土 いう常寂光土の観があるところから常寂光時の寺名がつけられたといわれる。

多宝塔(重要文化財)は元和六年(一六二0)の建立で,並尊閣といい、前面に霊元天皇の勅額を掲げている。
本堂は伏見城の建物の一部を当寺
二世通明院,,が移転修造したものといわれる仁王門はもと本圀寺客殿の南門を移転、
妙見堂は
能勢妙見を分祀し、歌仙祠には藤原定家・.家隆の木像を安置する。
また、時雨亭は定家山荘がこの
付近であるとして建てられたものである。

京都市