詩仙堂地図

 正しくは、六六山詩仙堂丈山寺(ろくろくざんしせんどうじょうざんじ)と号する曹洞宗の寺院である。
 当時は、江戸時代の文人石川丈山が、寛永18年(1641)隠棲のため建立した山荘で、
凹凸窠(おうとつか)とも呼ばれている。
 丈山は、三河国(愛知県)の人で、徳川家康に仕えたが、禄を辞して京都に住み、
詩作に励むとともに林羅山ら一流の文化人とも交わり、茶道においては奥義を極めた。
晩年は当地で悠々自適の生活を行い、寛文12年(1672)89歳で没した。
 建物は、詩仙堂、嘯月楼(ちょうげつろう)など10の区画からなり、詩仙堂には、
狩野探幽筆(かのうたんゆう)による中国の三十六詩人の肖像と詩を描いた額が掲げられている。
庭園は、東には滝を、前庭には躑躅(つつじ)、皐月(さつき)の刈り込みを配した枯山水庭園で、
庭の奥から丈山愛好の僧都(鹿おどし・ししおどし)の音が風情を添えている。
 毎年5月23日には、丈山忌が営まれる。
                                                    京都市
 石川丈山は大坂夏の陣で徳川家康につき、手疵を負いながら敵将の首をとる功を立てたが、
命令を待たずに行動したことが家康の怒りに触れて冷遇された。  
 文人・石川丈山は、小堀遠州と並ぶ江戸初期の庭造りの名人として知られている。
 中央を白砂敷にとした庭園に、丹念に刈りこまれた皐月。
 丈山が考案したと伝えられる鹿(しし)おどしもある。

 煎茶の開祖でもある文人·石川丈山が草庵を結んだのがはじまりで、サツキの

名所としても知られる,自然の地形を生かした庭園はサツキが白砂に映えるさまが見事。
見頃は例年5月下旬
6月上旬で、広間からの眺めはすばらしく、丈山考案の「僧都(添水·鹿おどし)」の
音が静寂の中に響きます。