第109代 明正天皇(めいしょう)地図

泉涌寺⇒⇒⇒
後水尾天皇(第二皇子)
東福門院源和子(2代将軍徳川秀忠の娘)
誕生 …1623年(元和9年)11.19
御名・異称 興子(おきこ)、女一宮
皇妃 … ―――   立太子 … ―――
即位 …1629年(寛永6年)11.
在位年数 …14年
崩御 …1696年(元禄9年)(年齢74才)
皇居 平安宮
年号 寛永
紫衣事件や春日局の参内等に業を煮やした後水尾天皇が幕府に何の相談もなく突如退位したため、やむなく即位した。
奈良時代の称徳天皇以来の女帝の復活である。
在位期間中は父上皇が院政を敷いた。

唐門
泉涌寺唐門の奥に霊明殿があり、その奥が月輪陵となる
陵墓名 月輪陵    九重塔
所在地 京都市東山区今熊野泉山町泉涌寺内
1696年(元禄9年)11月10日崩御、11月12日入棺の上、15日に追号して明正院と称された。11月25日に泉涌寺に奉葬された。
明正は奈良時代の元明・元正両女帝の一字ずつをとっている。
陵墓は高さ4.6m、基墳は3.1m四方の規模の石塔九重塔で石柵をめぐらしている。