泉涌寺地図

仏殿(重文) 舎利殿
 本尊は釈迦弥陀弥勒の三尊
 寛文8年(1668)に徳川家綱により再建されたもので、一重もこし付き入母屋造り本瓦葺き、唐様建築の代表作である。
 仏殿は唐様建築の代表作とされる。
大伽藍の多くは応仁の乱(1467~77)で焼失した。その後に再建された仏殿内陣の「白衣観音像」と天井の「幡龍図((ばんりゅう)」は、
江戸時代狩野探幽(たんゆう)の作である。
 舎利殿には堂内に韋駄天立像があり、謡曲「舎利」では、足疾鬼が舎利殿に飛び上がり、舎利を奪って虚空に飛び去ったところ、
この寺を守護する韋駄天が、これを追い詰め、仏舎利を取り返すという話になっている。
謡曲⇒⇒⇒
浴室 清少納言歌碑 泉涌水屋形
      夜をこめて鳥のそら音ははかるとも
       よにあふ坂の関はゆるさじ
  清少納言の代表的な歌で、
  小倉百人一首の採られている。
 江戸時代に造られた「泉涌水屋形」では
寺名の由来ともなった泉が現在も
枯れることなく涌き続けている。
本坊 大門(重文) 唐門
門の奥に霊明殿があり、その奥が月輪陵となる
 御座所(ござしょ)など各建物の釘隠にまで菊の紋章があり、京都御所から移築された「玉座の間」
「侍従の間」「勅使の間」がある。
楊貴妃観音堂(重文)昔は秘仏とされていた 宝物館心照殿
 楊貴妃は乱によって命を落とした。安禄山が討たれた後、皇帝玄宗は
亡き妃の面影を偲ぶため、香木によってその等身坐像にかたどった聖観音菩薩像を
造ったと伝えられる。
(13世紀、高さ1.14m通称楊貴妃観音、胎内に舎利を入れた高さ3.6cmの
五輪塔が納められていることがX線で確認されている)
 建長7年(1255)に中国に渡った湛海(たんかい)は、その像を持ち帰り、
泉涌寺に安置したという。  
 仏体は寄木造りで、手に極楽の花、宝相華(ほうそうげ)
を持ち、宝冠は宝相華唐草の透彫(すかしぼり)、その下に観音の冠を重ねている。
観音の慈悲と楊貴妃の美貌が渾然一体(こんぜんいったい)となっている。
楊貴妃観音
ポスターより
玉座
 ポスターより
月輪陵
 泉涌寺は泉山と号する真言宗泉涌寺派の大本山であるが、古くから皇室の香華院として知られ四条天皇の仁治3年、ここに月輪陵が設けられたのを初とし、後水尾天皇から仁孝天皇にいたるまでの天皇・皇后・親王等25陵5灰塚9御墓の後月輪陵が営まれている。

月輪陵⇒⇒⇒
後月輪陵⇒⇒⇒
後月輪東山陵⇒⇒⇒
 東山三十六峰の一嶺、月輪山の麓に静かにたたずむ泉涌寺。広く「御寺(みてら)」として親しまれている当寺は、天長年間に弘法大師がこの地に庵を結んだことに由来する。法輪寺と名付けられた後、一時仙遊て改称されたが順徳天皇の御世(永久元年・1219)に当寺の開山と仰ぐ月輪大師(がちりん)・俊芿律師(しゅんじょう)が時の宗の方式を取り入れて、この地に大伽藍を営む事を志し、寺地の一角より清泉が涌き出ていた祥瑞によって寺号を泉涌寺と改め、嘉禄2年(1226)には主要な伽藍が完成した。この泉は今も涌き続けている。
 月輪大師は若くして仏門に入り、大きな志をもって中国の宗に渡り深く仏法の奥義を究められた。帰国後は泉涌寺を創建して戒律の復興を計り、律を基本に天台・真言・禅・浄土の4宗兼学の寺として大いに隆盛させた。
 奈良・西大寺南都の律に対して北京律(ほっきょうりつ)の寺として重きをなした。
 後鳥羽・順徳上皇、後高倉院はじめ時の皇室や、北条政子・泰時ら公家や武家からも深く帰依せられた。仁治3年(1242)に12歳で亡くなった四条天皇の葬儀が営まれが当寺に葬られた。以来、南北朝~安土桃山時代の緒天皇や、江戸時代には後陽成天皇から幕末の孝明天皇まで歴代天皇・皇后の葬儀が営まれた。皇室の御香華院(菩提所)として篤い信仰を集めており、境内の東方に歴代天皇・皇后の陵墓としての月輪陵、後月輪陵が造営されてきた。この様なことから当寺が御寺と称せられるている。境内には仏殿・舎利殿はじめ、天智天皇以降の歴代天皇御尊牌を祀る霊明殿などの伽藍を配し、春の新緑、秋の紅葉に一段と美しい姿を映えさせている。

舎利殿