宇倍神社地図

 
 拝殿
祭神 武内宿祢 
 因幡国一の宮
一の宮⇒⇒⇒
     
孝徳天皇大化4年(648)の創建と伝えられる。平安時代に県下唯一の名神大社、古くより一の宮として信仰されてきた。
現在の社殿は明治31年に完成し、翌年には神社で最初に武内宿祢命と共に5円紙幣に載せられた。以後大正・昭和と
数回、社殿が5円・1円紙幣の図柄となった。 
     
 武内宿祢終焉の地碑   武内宿祢は、仁徳天皇55年3月因幡国の当社背後の亀金岡にて双履を残し、360余歳を以って
隠れられたとされる。
本殿の後にその霊跡と伝える石があり、双履跡(そうりせき)と呼ばれている。 
当社背後の亀金岡にて双履を残し360余歳を以って昇天された 
武内宿祢は孝元天皇の孫となる。子の7人の男子は大和朝廷に仕えた葛城氏、平群氏、蘇我氏、
巨勢氏、紀氏、波多氏、江沼氏の祖である。 
       
 1円札に武内宿祢肖像  裏面に宇倍神社拝殿の図 1円札の裏面にある図   
     
 飛翔の鳥  武内宿祢と後の応神天皇  福徳亀
   
東には中納言行平が百人一首に詠んだ稲葉山がなだらかに連なり、南には因幡国庁跡や奈良時代
の国司、大伴家持が万葉集に詠んだ歌碑があり、北には国指定史跡の鳥取藩主池田家墓所がある。 
七宝水
 この水は平安時代に百人一首にも詠まれた、因幡山の中腹から湧き出る清水をここまで引いたもの。
古くから日本一長寿の神武内宿祢命由縁(ゆかり)があり、病を除き延命に霊験あらたかな水。 
 立ちわかれいなばの山の峰におふる松とし聞かば今帰り来む
 古今集 巻8 別離・365  中納言行平
百人一首⇒⇒⇒
 新しき 年の始めの 初春の 今日降る雪の いや重(し)け吉事(よごと)
  巻20−4516  大伴家持