天岩戸神社地図

 五ヶ瀬川支流、
岩戸川の深い渓谷をはさんで東西二つの社があり東宮・西宮とよんでいる。
西宮の拝殿は谷を背にして建ち、対岸の中腹にある天岩戸を御神体としている。

岩戸開きの神話の里
天手力男命が天の岩戸をあける場面
天鈿女命⇒⇒⇒
 天照大御神(あまてらすおおみかみ)は須佐之男命(すさのおのみこと)の横暴で、
天(あめ)の石屋戸(いわやと)を開けて、そこに引きこもってしまった。
 すると高天原は真っ暗になり、葦原中國(あしはらのなかつくに)もことごとく闇に包まれ、夜ばかりが続いた。
そのため、悪しき神のたてる物音が夏の蝿のように満ちあふれ、あらゆる災いがいたるところで起こった。
 このありさまを見た八百万の神々は、天の安河の河原に集まって、
高御産巣日神(たかみむすひのかみ)の子の思金神(おもいかね)にどうすればいいか考えさせた。