吉水神社(よしみずじんじゃ)地図

吉水神社(書院:重要文化財)

 元は金峯山寺の僧坊で吉水院と呼ばれたところです

が、明治の廃仏毀釈で神社となりました。後醍醐天

皇の行宮として使用され、源義経と静御前らが身を

隠したところでもあり、豊臣秀吉の花見の際には本陣

にもなったところです。単層入母屋造り檜皮葺きの書

院には南朝時代の古文書や秀吉の花見で使われた

楽器など100点以上を所蔵しています。.

 元は吉水院といい天武天皇の白鳳年間に役行者が創建したものと伝えられる。
明治8年寺号を廃して吉水神社と改め、後醍醐天皇・楠正成・吉水院宗信法印を合祀している。
 文治元年(1185)源義経が兄頼朝の迫害を逃れて静御前・弁慶らとともにここに身を隠した。
 延元元年(1336)後醍醐天皇が京の花山院を逃れて吉水院宗信の援護のもとに行宮とされ、南朝の舞台となった。
 文禄3年(1594)豊太閤が本陣として大花見の盛宴を催した。
奈良・世界遺産⇒⇒⇒
 
 役行者

弁慶力釘 蛭子神社
 蛭子神 事代主命
恵比須神社