真弓鑵子塚古墳(まゆみかんすづか)地図

 巨石と巨大石室で知られる石舞台古墳の玄室と比べ、奥行きは石舞台古墳の方が長いが、幅と高さは上回っている。
持ち送り形式のため石舞台古墳のように巨大な天井石を必要としない。
持ち送り方式で幅の広い空間を確保できる。
 明日香村南西部から高取町にかけての地域は檜隈と呼ばれ、東漢氏が多数居住していた。この地域の古墳は、ドーム形の天井の横穴式石室
でミニチュア竈を副葬品に含む特徴があり、渡来系氏族の墓と考えられている。その代表的なものが真弓鑵子塚古墳、与楽カンジョ古墳
与楽鑵子塚古墳である。
 自然石を6、7段に積み、3段目までほぼ垂直で
あるが、4段目から上は、上の石ほど前方にせり
出す、持ち送りの技法がつかわれている。
持ち送りの石室は天井が狭まってドーム状に
なっている。

 持ち送りはアーチと形態は似ているが、
持ち送りが発展して出来たのがアーチと言われ
ている。
持ち送りは上方から荷重がそのまま垂直に伝わる
が、アーチは円弧に沿った横向きの力となって
伝わる。
アーチの方が構造的に堅固で安定していると
される。
 明日香真弓丘陵の谷間にある。
 屋根端部(おねたんぶ)の瘤状(こぶじょう)の地形を利用して造られた、直径約25m、高さ約5m程の円墳で構築年代は6世紀の中頃と考えられている。
くの字に通り抜け出来る、長さ16m程の横穴式石室があり、中央がやや広い玄室(死者を葬る室)で、南側と北側に羨道(せんどう:玄室に通る道)が取り付いている。こうした例は極めてまれで、石室の幅が両手を拡げるほど広く、石壁の上部の積石がアーチ状に積まれていること等あいまって、非常に特色のある内部構造をした、後期横穴式石室墳である。
 2008−2−9の現地見学の資料及び発表記事(朝日新聞2008−2−8)より。

 蘇我馬子の墓とされる石舞台古墳をしのぐ国内最大級の規模であることがわかった。石室は1〜3トンの約400個の石をドーム状に組み上げ、遺体を安置する中心部の玄室とは別に奥室を持つ国内では例のない構造だった。
 直径約40mの円墳とみられ、玄室(奥行き6.5m、幅4.4m、高さ4.7m)だったことが分かった。玄室の床面積(約28u)は石舞台(約26u)より大きく、欽明天皇陵とされる丸山古墳の約34uに次2番目。
 複数の死者を葬るために広く造ったとみられ、少なくとも家形石棺2基と木棺1基が置かれていたらしい。

 
 今回の調査は真弓鑵子塚古墳の本格的な調査となり、以下、調査成果をまとめると@墳丘は北西に延びる丘陵を大規模に造成して築かれた直径約40m、高さ約8mの二段築成の円墳です。A埋葬施設は石英閃緑岩の巨石を使用した穹窿状の横穴式石室です。築造年代については石室内から出土した土器などから6世紀中頃と考えられます。C墳丘と石室部分には南海地震の影響と考えられる亀裂や大規模な地滑りも明らかとなりました。


 被葬者は蘇我氏に近づいて勢力を伸ばした渡来系氏族、東漢氏(やまとのあやうじ)の墓ではないかとも云われている。
 東漢氏は朝鮮半島の先端技術を伝えた集団で、崇峻天皇暗殺などでも暗躍したとされる。巨石を積み上げたドーム状の石室は朝鮮半島には多くみられる。



与楽カンジョ古墳地図
与楽鑵子塚古墳地図