第32代 崇峻天皇(すしゅん)地図


欽明天皇(第十二皇子)
小姉君(そがのおあねのきみ)
誕生…520年(継体天皇14年)
御名.異称…泊瀬部(はつせべ)・長谷部尊(わかさざき)
皇妃大伴小手子(おおとものこてし)
立太子━━
即位587年(用明天皇2年)8.2  在位年数5
崩御592年(祟峻天皇5年)11.3  年令72
皇居(くらはしのおかのえのみささぎ)  年号━━

用明天皇が崩御すると、皇位を狙う穂部皇子(あなほべ)を押し立てて物部守屋は狩猟を名目に軍を動かそうとした。この謀をみてとった蘇我馬子は炊屋(かしきや)を奉じて、穴穂部皇子を討った。そして、泊瀬部皇子、竹田皇子、厩皇子(聖徳太子)らとともに物部守屋を討つことにした。守屋の必死の防戦に苦戦を強いられた。ところが聖徳太子は仏に祈り、勝利したら寺を建立すると誓った物部守屋を蘇我馬子が滅ぼした。この乱が平定してから聖徳太子の祈願で四天王寺を建立した。

○炊屋姫尊と群臣らが瀬部皇子(祟峻天皇)に即位することを強く求め、即位した。政治の実権は大臣となった蘇我馬子によって握られた。  そして、現在の倉橋にある倉梯に宮を造営した。
○王権を軽視し政治をほしいままにしていた馬子に対し、天皇は次第に反感を抱くようになった。
○天皇に猪を奉る者があり、これを指して、この猪の首を切るように自分の嫌いな奴をいつか切ってしまいたいと言ったことを聞いた馬子は驚いて、東漢(やまとのあやのあたいこま)を使って天皇を殺害した。任那(みまな)再興のため新羅を討つべく大軍を筑紫に向かわせた留守を狙った犯行であった。
天皇と宮の名⇒⇒⇒
寺川と飛鳥川流域⇒⇒⇒
陵墓岡上  円形
所在地奈良県桜井市大字倉橋
○「打墨縄」は天皇屋敷観音堂説を採り、金福寺をこれにあて、現陵となっている。15m前後の小円墳が1889年(明治22年)に治定された。
○他に赤坂天王山古墳を御陵とする説もある。一辺約50m、三段築成の大方墳である主体部は巨石使用の横穴式石室で、全長約17mあり、有数の規模である。六突起形の刳抜(りぬき)式家形石棺が玄室中央に安置され、墳丘中心点と石棺中心点が一致する。突起は水平で古いタイプである。

 母は蘇我稲目の娘。兄の穴穂部皇子が馬子に殺害された後、炊屋媛(かしきやひめ・推古天皇)や群臣に推されて587年に即位した。
しかし、飛鳥寺の建設に冷たかったことなどから馬子らとの距離が広がり、ついに暗殺という強硬手段で排除された。(592年)
 崇峻の寵愛が衰えたことを恨んだ妃が「天皇の馬子への憎しみ」を密告したという説もある。
 臣下が現職の天皇をあやめる。血なまぐさい古代史の中でも、馬子による崇峻天皇弑逆(しぎゃく)事件は異様であった。