五社神社地図

祭神  武甕槌命(たけみかづちのみこと)、経津主命(ふつぬし)、天児屋根命(あめのこやね)、
     比淘蜷_(ひめのおおかみ)、であり五社神社と呼ばれるが、春日の四柱である。
 もとは「五社の森」と呼ばれる広い樹叢の中に鎮座していたが、
明治時代に中山の歯定神社と合祀し、社地は開墾されて畑地となった。
 第2次世界大戦後に、一部を社地に復して、現在の小さな社殿が造営されたという。
衾田陵は東へ、中山廃寺は南へ、竹之内環濠集落は北へ。










s