11 うま酒 三輪の山

歌 額田王
 
筆 千田憲

地図
 長歌
味酒 三輪乃山
青丹吉 奈良能山乃
山際 伊隠萬代 
道隈 伊積流萬代尓
委曲毛 見管行武雄
敷々毛 見放武八萬雄
情無 雲乃
隠障倍之也

 反歌

三輪山乎
然毛隠賀
雲谷裳
情有南畝
可苦佐布倍思哉

うまさけ みわのやま
あおによし ならのやまの
やまのまに いかくるまでに
みちのくま いさかるまでに
つばらにも みつついかむを
しばしまも みさけむやまを
こころなく くもの
かくさふべしや



みわやまを
しかもかくすか
くもだにも
こころあらなむ
かくさふべしや
 長歌
うま酒 三輪の山
あをによし 奈良の山の
山の間に いかくるまで
道のくま いさかるまでに
つばらにも 見つつ行かむを
しばしばも みさけむ山を
心なく 雲の
かくさふべしや

 反歌

三輪山を
しかもかくすか
雲だにも
心あらなむ
かくさふべしや
美しい三輪の山、あの山が奈良の山の山の間にかくれるまで、長い道の幾曲りを重ねるまで、
しみじみとふりかえり見ながら行こうものを、幾度も幾度もふりさけて眺めてやろうと思う
山であるに、その山を、無情にも、雲がさへぎりかくすといふ事があるべきか。

三輪山をあんなにかくすのかナア。せめて雲だけでも思いやりがあってほしいものだ。
あんなにかくすといふ事もあるべきだろうか。

うま酒:三輪の枕詞
あおによし:奈良の枕詞
道のくま:道の曲がり角
いさかるまで:い積るまでに 道の曲がり角がいくつも重なるまでに

近江遷都⇒

背景⇒

歌碑19⇒
 三諸は 人の守る山 あしび花咲き 末べは つばき花咲く うらぐはし山ぞ 泣く兒守る山 
こうして、大切に育てられた三輪山であった。大和を捨てて都を近江に移さなければならなくなった時に、額田王が悲痛な惜別の歌を作った。
いつまでも見つづけ、賞美しつけることをせめてもの願望としつつ、一行は大和を去った。

同じ歌として 歌碑13⇒、 歌碑30⇒