化野念仏寺地図

 空海が無縁仏のために建立したのちに法然が浄土宗に改めた。
 中世、庶民は墓をつくることを禁じられた。代わりに石仏や石塔をつくって、
死者の冥福を祈った。法然⇒
 本尊は阿弥陀仏座像
 境内にまつる八千体を数える石仏・石塔は往古あだし野一帯に葬られた人々のお墓である。
 何百年という歳月を経て無縁仏と化し、あだし野に散乱埋没していた石仏を明治中期、地元の人々が集め、
釈尊宝塔説法を聴く人々になぞらえ配列安祀してある。
 この無縁仏の霊にローソクをお供えする千灯供養(せんとうくよう)は、地蔵盆(8月23,24)の夕刻より行われる。
 華西山東漸院(かさいざんとうぜんいん)と号する浄土宗の寺である。
化野とは、二尊院から化野念仏寺に至る小倉山東北麗一帯を指す。
 古来より東の鳥辺野(とりべの)、北の蓮台野(れんだいの)とともに西の化野は、風葬の地として知られ、和歌では「化野の露」として人生の無常をあらわす枕詞に使われている。
 寺伝によれば当寺は空海が弘仁年間(810〜824)に小倉山寄りを金剛界、曼荼羅寄りを胎蔵界と見立てて千体の石仏を埋め、中間を流れる川(曼荼羅川)の河原に五智如来の石仏を立て、一宇を建立し、五智如来寺と称したのが始まりといわれている。
 当初は真言宗であったが鎌倉時代の初期に法然の常念仏道場となり浄土宗に改められ、名も念仏寺と呼ばれるようになった。   
 正徳2年(1712)黒田如水の外孫の寂道が再建したといわれている。本堂には、本尊の阿弥陀如来座像を安置し、境内には西院の河原を現出した多数の石塔石仏が立ち並んでいる。なお、毎年8月23、24日の両日には、これら石塔石仏に灯を供える千灯供養が行われ、多くの参詣者で賑わう。
本尊の阿弥陀如来座像:鎌倉時代の仏師運慶の長男湛慶(たんけい)の作。高さ80cm。
本尊の隣に並ぶ阿弥陀如来坐像は高さ70cm。作者不詳。近くにあった別の寺が火事になり、この本堂に運ばれてきた。