鳥辺野地図

 「鳥部野」「鳥戸野」とも表記される山城国の歌枕。鴨川より東方の東山に至る間、清水寺以南・泉涌寺以北の地域をいう。鳥辺野の東側野の一峰を「鳥辺山(別名阿弥陀ヶ峯)という。 
 源氏(17歳)は、六条御息所(みやすどころ)の物の怪(け)に取りころされた愛人夕顔を野辺野に葬った。
 夕顔の突然の死にあった光源氏が、荼毘にふされる前に一目彼女のなきがらに会いに行く。
 鳥辺野の方を見渡すと、日ごろは火葬の煙が思いやられ陰気になるのだが、源氏も今日ばかりはそんな気にもならない。心は千々に乱れて、正気もない心地でやっと目当ての場所にたどり着く。
 ここが葬送の地となったのは、平安のはじめから。そのころ貴人の間では火葬がおこなわれていたが、余裕のない庶民の間では風葬が一般的だった。五条の六波羅密寺を野辺送りの戸口として、人々は山のすそ野に死者をさらしたのである。







檜皮葺き

 原皮師(もとかわし)と呼ばれる職人によって採集される。 
 檜木の皮を採取するためには、山の持ち主に了解を得なければならないが、優れた採取技術の持ち主であることによって皮を
採取することが許される。
 皮を剥がれた檜木も7〜8年で元の皮が出来る。
 原皮師の優れた技術は、微妙な木と皮の間を剥がすことによって檜木を痛めることなく、檜皮葺きの材料を得る事が出来る。

     
 本山寺境内の檜、檜皮葺きのために皮をはがれた後。  石上神宮境内の皮をはがれた後の檜 。