稲佐の浜地図

 古事記には大国主神(命)に国譲りを迫るために
天鳥船神と建武雷之男神が伊那佐の小浜に
降り立ったとある。
 稲佐は諾否(いなさ)の変化したものと言われ、諾
と否の浜辺である。
 海から少名毘古那神が現れたとされる。
 この浜辺は、異なる世界の神々の出会の場
となっている。 

国譲り 出雲のぞく⇒⇒⇒
天照・大国主国譲り⇒⇒⇒
 稲佐の浜に弁天島がある。旧暦10月10日の夜に弁天島のかなたから
神々が訪れる。この八百万の神々を稲佐の浜で迎える「神迎(かみむかえ)」
という神事がある。
 夜は神々の時間であり神迎の神事は夜の稲佐の浜で行われる。そして、神々を
夜の出雲大社に案内する。 
 稲佐は、諾否(いなせ)の変化したものと云われ、文字通り諾(だく)と否(ひ)の
浜辺である。