タケミカズチノ神について

かぎろい 平成21年6月1日 第138号  文学博士 菅野雅雄

オオタタネコの父建甕槌命は、不思議な神です。この系譜のほかには、何の物語も伝わって
いません。

イザナキノ神と共に国を生み神を生んだ妻イザナミノ神は、その神生みの途中で火の神を生
んだ
ため体を損ねて亡くなりました。夫のイザナキノ神は愛する妻を一柱の子と替えてしまった
と嘆き、
所持していた刀で妻の生命を奪った火の神カグツの首を斬ってしまいます。その時、
刀の手元に
着いた血が湯津岩村に飛び散って三柱の神が生まれますが、その三番目に生まれ
た神の名を
建御雷之男神,亦の名は建布都神、亦の名は豊布都神と言いほす。ところがこの神
は後の物語では建御雷
神と書かれ、前述の建甕槌神と表記は異なりますが、読みは同じくタケ
ミカヅチノ神といいます。

▼火の神カグツチの首を斬った刀の名は、天之尾羽張,亦の名は伊都之尾羽張といいます。

▼時は巡って話が変わり、天上の神の世界高天原で天照大御神は、我が子天忍,耳命に葦原

中国を支配·統治させようと命令を下します。

命を承けて忍穂耳命は地上に降ろうとしますが葦原中国は騒がしく降臨はできませんでした。
こで高天原側では、地上の国土の主の大国主神許に、その国を譲らせようと使いを出しま
す。先
天照大御神の次子天菩比神が向かいますが役に立たず、次に大若日子が赴きます
が、この使い
も使命を果しませんでした。

▼三度目に使者に選ばれたのが伊都之尾羽張神で、この神は我が子建御雷神を推挙します。
建御雷神
は、天鳥船神を従えて出雲に降り、伊那佐の小で大国主神と談判し、その支配す
る葦原中国を
天照大御神に献上させることに成功します。これ古事記神話に見る建御之雷神
の大きな働きです。

▼この物語に働いた「建御雷神」とオホタタネコの父「建甕槌神」とは、訓みを同じくしていますが、
果たして同一神でしょうか、それとも別神で
しょうか。『日本書紀』では、オホタタネコは物主大
神の「子」と書かれていまして、そこには
建甕槌神の名は見られませんが、前記しました「国譲
り」の物語の使者を『書紀』は「武甕槌迚
」と書き表しています。

▼でも『書紀』では、大神神社の御祭神大物主大神が、この「国譲りの物語」で高天原(=天照
大御神)の交渉相手
となった大国主神の亦の名(別名)とされているのですから、タケミカヅチノ
神をオホタタネコの父神と語るわけにはいか
なかったでしょう。

▼考えてみれば『古事記』が大物主神の血筋として、「大物主大神ㄧ櫛御方命-飯肩巣見命_
建甕
槌命-意富多多泥古」の系譜を記したことに無理があると言えるのですが、『古事記』が何
故、何
の為に、この系譜を書き記したのか、という事に問題が残ります。天皇が大物主大神の
祭祀を委ね
たオホタタネコが、『書紀』の伝えるように「大物主神の子」なのか、それとも『古事記
』の伝え
のように「建甕槌神の子」なのか、『古事記』の伝は古伝なのか、それとも何か意味が
あって創作
されたものなのか。この疑問に、未だに明確な解答はできていません。

▼ちなみに、国譲りの物語で活躍した(建御雷神)は、現在、茨城県の鹿島神宮の祭神であり、
平城遷都後、藤原氏(不比等か)によって奈良春日に勧請され、氏神社春日大社の第一殿の祭
神として
も祀られています。





西大寺 善財童子

 奈良·西大寺の善財童子像は、灰谷健次郎の小説「兎の眼」(1974年)でよく知られています。

 獅子に乗った文殊菩薩像を囲む 四侍者像のうちの1体です。西大寺の中興の祖とされる
叡尊の13回
忌にあたる1302年、貧しい人や病気の人の救済に生涯を捧げた叡尊をしのび
弟子たちが完成さ
せたとされています。

 ふっくらした顔と体つきで、ちょこんと手を合わせる87cmの像です。中野祥圓主事( 60 )は
「日本一
かわいい善財童子です」と言います。遠くを見上げるようにも、文殊菩薩を見つめる
ようにも見える
潤んだ瞳は、ウサギの目と同じように赤い色をしています。

 像の前には「兎の眼」の文庫本が置かれています。しおりの挟まれたページには、新任の
女性教師
が教え子の小学生たちと向き合い、悩む日々の中で西大寺を訪れ、童子を見つめる
場面が描かれ
ています。

 「ひとの眼というより、兎の眼だった。それはいのりをこめたように、ものを思うかのように、静

かな光をたたえてやさしかった」灰谷が亡くなって10年以上が経つ今も、「兎の眼」を読んで来
という参拝者が日に1人か2人いるそろです。
  2018-1-19  朝日新聞
(宮崎亮)