夜都伎神社地図

                     拝殿   境内の燈籠は、安政8年(1861)銘(右から2番目)、
乙木社と刻まれた寛永2年(1625)、万治2年(1796)銘、
春日社と刻まれた寛政8年(1796)銘の石燈籠があるが、
安政8年のもの以外は読み取り難い。
 祭神は、建武雷之男神(たけみかずちのおの)、姫大神、
経津主命(ふつぬし)、天児屋根命(あまのこやね)、
で俗に春日神社と呼ばれ、春日の4神に素戔鳴(すさのお)、
鬼子母神を祀る。萱葺きの屋根が神社建築としては珍しい。
(背後の6棟の神殿は、春日大社若宮のものが移築されている)
 拝殿の間口10m、奥行き4m、入母屋つくりの平屋、棟が高く、
茅葺きの厚さ60cm。
 天井がないため、直に屋根裏が見える。
丸太を骨組みにして竹を横に渡し、その上に茅を積む。
神殿は朱色の瑞垣に鎮座する本殿。
春日造り檜皮葺き6棟が並ぶ。
 拝殿は萱葺きで神社建築である。もとは神宮寺で十来子(十羅刹)をまつっていた。 

山の辺の道沿いにある天理市乙木町の夜都

伎(やとぎ神社(西田享司宮司)で、県内

では珍しい茅(かや)ぶきの拝殿屋根のふき

替えが行われた。

同神社は春日大社と縁が深く、同大社と同

じ四神を祭り「春日社」とも呼ばれている。
治ごろまで夜都伎神社から春日大社に神饌

(しんせん)を供えており、春日大社からは

若宮社の社殿と鳥居を移されるのが恒例とな

っていた。現在の本殿は明治39年に移された

建物。拝殿は以前、麦わらでふかれていたが、
和60年にふき替えられたときから茅ぶきとな

った。
通常は20年から
30年でふき替えが行われるが、
30年が経過し
傷んできたため、
今回
のふき替えが決まったという。
工事は宇陀市の茅ぷき職人の隅田茂さんら

が6月から9月いっぱいまで約4カ月間かけて実施。
材料の茅は曾
爾村産と岩手県産の2種類で、
約5キロの束を
2000束使用したと言い、
隅田さんは「知
っている限りでは茅ぷきの拝殿はここだけ。

雨漏りがして非常に傷んだ状態だったが、
れで20年から25年は大丈夫」と話していた。

真新しい屋根を背景に西田宮司は「瓦ぶき

にするという案もあったが,やっぱり茅ぶきでよかった。
古色の大
和路という言葉がぴったり」と話していた。

2015−11−5  奈良新聞

  夜都岐は夜都伎とも書かれる。神社の標柱や鳥居の扁額などほとんど夜都岐だが、
説明板は夜都伎を使っている。一方、夜都伎は於都伎の誤写とする説があり、
乙木(おとぎ)の地名の起源ともいわれる。地元では「やとぎ」と呼ぶ。
 乙木は13世紀前半に絵図などから地名は存在していたが、夜都伎が乙木に訛ったものか、
夜都伎は於都伎(乙木)の誤写なのか、未詳である。 
 乙木領内には二座の神社があった。一つは現在の夜都岐神社である春日神社、
もう一つは元の式内社・夜都岐神社とされる天理市竹之内町の十二神社である。
いつのころか、この元夜都岐神社の社地が竹之内の農業ため池と領地交換されて
竹之内領になった。この時、乙木側は夜都岐の名を春日神社へ移して現社名に改め、
合わせて式内社伝も受け継いだ。
 田の中に石鳥居が立ち、その北に宮の池が
あってこんもりした森が見える。
延喜式内の古社で、いまは春日の神を祭っている
が、古くは水の神を祭ったという。
 乙木という集落にある。
 この神社の鳥居は、60年ごとに、
奈良の春日大社から若宮の社殿と鳥居が移される
のが慣例となっており、嘉永元年(1848)
の銘がある。
169号線乙木口より夜都伎(東)に向かって。
大正3年10月13日建立。
赤い鳥居をくぐり夜都伎に近ずく。
 朱塗りの鳥居は二の鳥居で、一の鳥居はこれより西、三昧田との境界にあつた。 

乙木町の仙の辺の道」沿いに「夜都(刀)伎神社」が

ある。この“夜都”は「やつ」ともいい、「谷戸」や「谷

地」を意味し、谷間の湿地域を指す。

このような水もあり日当たりもいい湿地域は水田に適

した場所であり、そこはヘビが棲むところでもある。


ヘビのなかで最も恐れられる対象はマムシで、このヘ

ピは夏季は強烈な日差しを避けるため夜間に活動する。

全長50cmほどの大きさはちょうど刀の長さで、まさ

に“夜刀”である。

天理市内では、たとえば「山の神」として三島町、九条町、

勾田町などでは「八王子(はずくりさん)さん」が、
「野の神」として
新泉町、岩室町、平堂坊町、南六条町
などでは 野神さ
ん」が祀られている。

祀られる神さんの対象は「八王子さん」がアオダイショ

ウ、そして「野神さん」がシマヘビあるいはヤマカガシと

思われる。

これは、収穫前の稲穂を食べる野鳥(スズメなど)を懲

らしめてくれるのが「野神さん」で、収穫後のお米を食べ

るネズミなどを懲らしめてくれるのが「八王子さん」。こ

れら害鳥や害獣の天敵としての蛇に、感謝と畏敬をこめて

祀られているものと考えられる。


 山の辺文化講座 佐藤孝則氏 より 

夜都伎から西方面を見る。
  動画    内山永久寺跡から夜都伎神社⇒⇒⇒  
夜都伎神社から大和神社御旅所⇒⇒⇒
全動画⇒⇒⇒   天理から桜井の順⇒⇒⇒