第121代 孝明天皇(こうめい)地図

仁孝天皇(第四皇子)
新待賢門院藤原雅子(正親町実光の娘)
養母 藤原祺子
誕生 …1831年(天保2年)6.14
御名・異称 統仁(オサヒト)・煕宮
女御 九条夙子(英照皇太后)
典侍 坊城伸子、中山慶子
立太子 …1840年(天保11年)3.14
即位 …1846年(弘化3年)2.13
在位年数 20年
崩御 …1866年(慶応2年)12.25(年齢36才)
皇居 平安宮    年号 弘化、嘉永、安政、万延、文久、元治、慶応
幕末の動乱期の天皇で、米使節ペリーの来航に対する幕府の判断が問題視され、国内が開国と譲位に分かれる中で、譲位を進めた天皇である。
外夷からの開国の圧力が強くなった時、政治判断が幕府から朝廷に戻されることになった。「勅許」の絶対性が確立された。
井伊直弼が倒れたのを機会に、急速に公武合体論へと傾斜していった。そして尊皇攘夷を幕府に実現させるため、和宮を将軍家茂へ降嫁させた。
内外を取り巻く情勢は天皇の意向に反する方向へ進み、鎖国から開国への流れは止まらず、討幕への動きは加速化していった。
1866年(慶応2年)12月25日崩御、天然痘説と毒殺説等疑問が出されている。
陵墓名 後月輪陵東山陵     円墳
所在地 京都市東山区泉涌寺内
御槽は長さ約2.29m、幅1.25m、高さ0.86m、内面の底には七星盤が置かれ、ふたは重さ938kgである。 1867年(慶応3年)1月7日、御槽を御棺(長さ約2.5m、幅約1.49m、高さ約1.24m、重さ589kg)に納めた。
1月10日、梓宮を清涼殿に移し、御槨に納め、御槽、御棺、御槨の順にふたを固められた。(御入棺・長さ約2.7m、幅約1.67m、高さ約0.86m、重さ約637.5kg)
円墳上御須屋を置いている。御須屋は檜皮葺単層切妻流造りの、方4間、軒高約4.5mの規模で、南面に唐戸を設けたもので、正面には鳥居があり、この前に拝舎がある。 英照皇太后後月輪東北陵も同じ兆域内にある。