白峯神宮 地図 
左近の桜
潜龍社
地主社
崇徳天皇欽仰之碑
伴緒社
蹴鞠の碑
保元の乱

   

 当神宮は、崇徳天皇及び淳仁天皇を祀る。

 明治天皇は父孝明天皇の遺志を継ぎ、保元の乱
により讃岐国(香川県)へ配流になった崇德天皇の
慰霊のため、明治元年(一八六八)讚岐の白峯陵
より神霊を迎えて、創建された。:

 次いで明治六年(一八七三)には奈良時代に僧
道鏡恵美押勝の争により、淡路島に配流の
淳仁天皇の神霊を迎えて合祀された。

 この地は蹴鞠.和歌の宗家飛鳥井家の邸跡で、
同家の守護神「まり精大明神」が祀られ球技愛好者
に崇敬されている。他に「伴緒社」「潜龍社」などの
境内社があり、「おがたまの木」は京都市の天然記
念物に指定されている。

 京都市 
崇徳天皇御廟⇒⇒⇒

 飛鳥井
 
   

左近の桜
 
 「左近の桜·右近の橘」とは、国風文化が盛

んになる中で、日本の季節感·美意識を表す花と

して「桜」が象徴されるようになり、仁明天皇の

頃より御所の紫辰殿前庭に植樹されています。

 白峯神宮は、明治天皇の強い思し召しにより創

建され、かつて官幣大社という最高の御社格を

以て至貴の神宮として待遇を受けており、紫辰

殿に倣って境内に「左近の桜·右近の橘」が植樹

されております。 


潜龍社
 

 
 地主社
 
   
崇徳天皇欽仰之碑    瀬をはやみ岩にせかるる滝川の
われても末に逢はむとぞ思ふ
 
百人一首⇒

   
伴緒社 
     

保元の乱

西行法師  崇徳天皇  船岡山 
百人一首 新しい年号 後白河天皇
安井金比羅宮 白峯神宮 崇徳天皇御廟











































m