石の宝殿地図
生石神社(おうしこ)

 山の辺の道 散策ガイド 飛鳥 散策ガイド 
     
 幅、奥行き、高さとも約6m。推定500トン。。表面にノミで加工した跡があり、人口の造形物である。
兵庫県高砂市の生石神社(おうしこ)のご神体である。
   
 背後にテレビのブラウン管のような出っ張りがある
 
     
     
  竜山丘陵の東斜面、眼下に加古川下流の眺望の優れた 位置を占める。全山が竜山石の名
で知られる溶結凝灰岩
からなり、その岩盤からなり、その岩盤を穿って作り出した 遺構。
生石(おうしこ)神社ご神体として前面に拝殿が建つ。
高砂市弥陀町生石字宝殿山に所在。

 山腹に幅2m前後の「コの字」の溝を垂直に掘下げ、中に方形の大石を残して整形を加えたもの。

岩山東斜面から彫り進み、底部の大部分を残して放置。底部の掘り凹めた部分が現在は池となる。

正面(東面)幅約6.74m ×奥行5.16m ×高さ5.16mを計り立方体に近い形。背面に切妻屋根を倒し

た突起物(底辺2.36m、側面2.92m、高さ1.9m、棟幅0.57m)がある。

 この石造工作物の性格について、現状のまま上面に墓室を作る説と、西面を上に引き起こした

状態で墓室とする説。後者は更に橫口式石槨墓と考える説と、屋根部と身部を切り離す家型

石棺説に分かれる。考古学的に見れば、益田岩船,牽牛子塚などとの比較から、7世紀前半に

巨石に工作を加え、石室を作り、棺を納める墓槨を設計し、工事途中で中止したとする説有力。

『播磨国風土記』の中に「原の南に作石あり、形、屋の如し。長さ二丈。広さ一丈五尺高さかくの如
し、名號を大石と曰ふ。傅へて云はく、聖徳王の御世、弓削大連の造れる石なり
といヘり」と書かれ、
古くから由緒について記載·伝承されて来た。


:益田岩船::巨大花崗岩の上部を富士山型に平滑にし、東西の長さ約11m、南北の長さ約8m、
北側面の高さ
約4.7m,石の上面には約1.6m四方の穴が長軸線に沿って二個、狭い間隔を置いて
並び、穴の深さは
約1.3m、丁度角材を建てる柄のようになっている。

  地元には出雲の神様がこの地にきて、石の宮殿を造営しようと一夜のうちに
工事を進めたという神話がある。しかし、工事半ばで別の神様による反乱が起き、鎮圧した時には夜明けとなり未完のままになったという。
土木工事を好んだ斉明天皇がかかわっている推理もある。7世紀ごろ作られた説が有力である。
 石の宝殿は江戸時代、「天逆鉾」「塩釜神社の塩釜」とともに「日本三奇」の一つに数えられていた。  
     
     
生石神社(おおしこ)


祭神::大己貴神(生石大神。大国主神とも云う)

    少彦名神(高御位大神。粟島神とも云う)

 
創建:崇神天皇
(第10代)の御世日本全土に悪疫が流行。
 
   人民死滅の境にある時、ある夜二神が天皇の夢枕に現れ

    「我が霊を斎き祭らば天下は泰平なるべし」とのお告げが有り

    ここに生石神社が創建。以来忽ち悪疫も終息し天下泰平となる。


神社の分霊:成務天皇(第13代)
11年に当生石神社の分霊として
    羽後国飽海郡
平田村生石(現:酒田市大字生石)から勧進せられ、
    今も古式豊かに生石
神社として栄えており、又 創建は不詳ながら
    海南市金屋町(生石高原)
に五名生石神社とし厳かに祀られている。

略紀⇒⇒⇒ 

2007-3-20